にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2012年08月03日

ゲーム業界の起爆剤になれるのか? ドラクエ10発売


今朝の読売新聞朝刊より





文:中根靖明氏

人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」の10作目「目覚めし五つの種族オンライン」2日、発売された。インターネットを通じて他のプレイヤーと一緒に遊べるオンラインゲーム形式を初採用し、スマートフォンの普及で伸び悩む家庭用ゲーム市場の「起爆剤」の役割が期待される。

新ソフトは、オンライン形式を採用し、ほかのプレイヤーと協力して敵を倒すなど楽しみ方の幅を広げた。ゲームの最後の敵を設定せず、ネットを通じて定期的に新たな出来事が起きるため長く遊ぶことができるのも特徴だ。

ゲーム調査会社エンターブレインによると、家庭用ゲーム機とソフトを合わせた市場規模は2007年の6886億円から右肩下がりが続き、11年には4543億円まで減った。スマートフォンなどで遊べる「ソーシャルゲーム」に需要を奪われており、ドラクエにかかる期待は大きい。

一方、販売元のゲームソフト大手、スクウェア・エニックスにとっては、収益の安定につながりそうだ。任天堂のゲーム機「Wii」向けで、ソフト本体(6980円)とは別に、1000円(30日間)〜2900円(90日間)のオンラインサービスの利用料を支払う必要がある。これまで人気作の有無に毎年の業績が大きく左右されてきたが、オンライン形式では継続的に収入が得られる。

ただ、オンライン形式の採用で、利用者の金銭的な負担は大きくなった。


「古くからのドラクエファンがオンラインに抵抗感を抱き、離れてしまう可能性がある」(業界関係者)

との指摘もある。








ほほう、ドラクエ10発売ですか。
そういや、めざましテレビだかのニュースで、堀井さん映ってたね。
お元気そうでなにより。

記事でもありましたが、オンライン化が賛否ありそうだよね。
ネトゲ化はなあ…やっぱり抵抗ありますよ。
麻雀とかテトリスなどの短時間でやるゲームならいいんだけど、RPG系は、抜け出せなくなりそうで怖い。ドラクエパワーで廃人続出とか、マジでありそう。ネトゲやらないからよくわからないんですが、やっぱりリアルマネーを投資してアイテムとか買わないといけないのかしら。



それよりも気になったのが、ゲーム業界の市場規模のところ。
単純計算で、4年で2000億円も減っているのか。
ソーシャルゲームに需要を奪われているねえ…。



ソーシャルゲームってなに?(いまさら)



要するにあれでしょ?
スマートフォンの通信機能で盗ったり盗られたりなゲームのことでしょ(超テキトウな解釈)。

まあ、あまりゲームをやらないライトユーザー層がそっちに流れているということなのかな。無料とか、1アプリ500円とか、価格もリーズナブルだし、携帯(スマホ)持ってれば、それだけでできる。ゲーム機本体を購入する必要もないし、通信環境は最初から調ってるし楽でいいよね。


そういうライト層を取り返していかないといけないんでしょうが…。
ドラクエがゲーム業界の起爆剤になることを心から願っております。



・・・え、私?

私は様子を見てからですな。








Wii持ってないんですが






おしまい
posted by ふうのしん at 09:40 | Comment(16) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。