にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2008年06月06日

ファイナルファンタジー2の世界の人口を数えてみた

引き続きファイナルファンタジー2の人口調査。
最近同じネタで申し訳ないっす。キリがいいとこで違う企画も進めていきます。




人口調査のルールとしてはほとんど同じなのでハショります。さすがストーリー重視のFF2。城や町でイベントがあるごとに人数が変化。それはラスト手前まで続く。なので、調査はイベント終了後カウントするのは今までと変わらないんだけど、その場その場でカウントしなければならない場所を除き、ラスト手前で一斉にカウントします。



FF2世界地図
http://surune.hp.infoseek.co.jp/Home/FF2/map/ring.htm




人間キャラの種類

固有キャラ

フィン王


ヒルダ


ゴードン


ミンウ


ヨーゼフ


ポール


シド


レイラ


リチャード


フリオニール


マリア


ガイ


レオンハルト




それ以外

男1


男2


男3


男4


女1


女2


女3


じーさん


子供


魔導師


仮面の民族





ほんでは攻略スタート。
キャラの名前は個人的趣味でフェイトのキャラクター名にしております。マリアはキャラグラフィック的にセイバーよりライダーだろう!というクレームは受けつけません。あしからず。

フリオニール=アーチャー
マリア=セイバー
ガイ=バーサーカー
レオンハルト=ランサー


物語が始まるといきなり黒騎士に襲われゲームオーバー。この演出は面白かったですな。当時は唖然としたものです。




そしてアルテアの町の反乱軍に助けられ、ヒルダ王女に反乱軍に入れてくれと志願。丁重に断られ途方にくれる。






とりあえず帝国軍に奪われたフィン城に潜入してカシュオーンのスコット王子からリングを受け取るのが最初の目的。

・・・ではないのだ。
最初にすべきことは自キャラメンバーの能力値を上げること。いちいち途中途中で能力を上げる作業は面倒くさいので、最初で武器熟練度くらいは最大値にして楽に進めようという作戦。まず熟練度を上げる裏技でアーチャーの小剣とセイバーの剣のレベルを最大の16まで上げ、同士討ちによる体力、HPの上昇を狙う。バーサーカーは1番下なので、4人目が加わらないと熟練度の裏技は使えない。前列、後列の変更だけでなく、FF1みたいに並び順も変えられれば良かったんだけども。HPは同士討ちで簡単に上げられる。だいたい瀕死の状態にすれば確実にアップ。サイヤ人みたいな鍛え方ですな。


とりあえずこのくらいの能力にしてみた。
序盤はまったく問題なし。







フェイト原作どおりセイバーは剣。アーチャーはあまり意味ないけど小剣二刀流。初期装備のブロードソードでこの威力。





お金に関しても、フィン城北西に進めばゲームバランスおかしくね?っていうくらい強い敵が登場。武器の熟練度さえ上げていれば1撃で倒せるので、マジシャン、オーガメイジを倒すとほぼ確実に魔法書を落とす。その中でもバーサクの書、スリプルの書などが4000、5000ほどで売れるため、最初のイベントこなす前から一気に大金持ちに。

準備は整ったので攻略開始。
まずアルテアの北にあるガテアの村で情報収集。







そしてフィンの町のパブに潜入しスコットからリングを受け取る。スコットはここで息をひきとります。
















アルテアの町に戻り、リングをヒルダに渡すと反乱軍に加入し ミンウが仲間に。カヌーもゲット。ミスリルを取って来てほしいとのこと。







ミンウが仲間に。彼の白魔法の数と熟練度には最初見たときビビったものです。




4人目が加入したのでバーサーカーの熟練度をここで上げておく。素手レベルをマックスに。知性は物理攻撃ばっかりしているとどんどん減少していき最低の1になってしまい個性抜群のキャラに変貌。





この素手攻撃、実は1番使えた。武器攻撃力に影響されないし、物理攻撃耐性のあるキャラだろうがおかまいなし。ラスボスもバーサーカーの素手だけで倒してしまった(残り3人は回復&補助)。

この時点でこの威力。




効果音も、

シュババババババババババババ!!!
(熟練度16の素手攻撃時の効果音)

ズドドドドドドドドドドドドド!!!
(ヒット音)

ものすごい爽快感。気持ちいい。



カヌーを使い港町パルムに到着。
なかなかアダルティな女子もいて好感度高し。






前向きに検討させていただきます。どっかの政治家みたいな言葉を吐き捨てつつ船でポフトへと出航。



ポフトの町へ到着。





シドがいる町。お金さえ払えば飛空艇で近場の町へ連れてってくれます。目的地のサラマンドへレッツゴー。




サラマンドの町へ到着。




反乱軍の一員のヨーゼフがいる町。なんでも、セミテの滝に連れて行かれた人たちを助けるてくれたら信用してくれるみたいなのでセミテの滝へ。






セミテの滝でヨーゼフの娘ネリー、ポール、その他住民発見。





ボスは帝国軍のサージェント。
1撃で秒殺。ミスリルをゲット。









アルテアの町に戻り、ヒルダに報告。
ミスリル製の武防具を購入可能に。





次は帝国軍がバフスクで大戦艦を建造しているという情報が入り、これを爆破するミッションに参加。過激に電撃みたいな。





バフスクに着くと裏切者のボーゲンが暴言吐きまくり。帝国軍も呆れたご様子。 左下にいる兵士は反乱軍の仲間で、大戦艦があるバフスクの洞窟へ。









バフスクの洞窟の出口で帝国軍のダークナイトと遭遇。もう大戦艦は完成してしまったらしい。そのまま飛び立っていきまふ。・・・どーでもいいけどダークナイトって聖剣伝説のシャドウナイトみたいね。後から必要になる通行証も忘れずゲット。





その後、シドを尋ねると大戦艦を爆破させるには「太陽の炎」というのが必要らしい。アルテアに戻り、ヒルダ、フィン王の情報からスコット、ゴードンのカシュオーンにあることが判明。カシュオーンに入るためには「女神のベル」が必要とのこと。再度ヨーゼフのいるサラマンドへ。女神のベルが眠っているダンジョンには雪上船がなければ入れないらしいのでヨーゼフが仲間になり再度セミテの滝の洞窟に出発。隠し部屋から雪上船ゲット。






その足でサラマンドの北にある雪原の洞窟へ。





ここで隠れざるバーサーカーのスキルが判明・・・どうやら彼は動物の言葉が解るらしい。何者だ君は。






女神のベルを守っているアダマンタイマイを1撃で撲殺し女神のベルゲット。帰り道、逆ギレしたボーゲンと戦闘。その後、落石によってヨーゼフが犠牲に。ありがとうヨーゼフ。









「女神のベル」が手に入ったのでカシュオーン城へ。





女神のベルで入口を開き、ここでゴードンが仲間に。太陽の炎を入手するにはエギルのたいまつが必要らしい。面倒くさいですな。












太陽の炎入手後、外に出るとシドの飛空艇が大戦艦に襲われているではありませんか。





アルテアの町に戻ると、シドの飛空艇でヒルダが我々を向かえに来ているところを大戦艦に狙われたらしい。なので次はヒルダ、シド救出ミッションでござる。大戦艦はフィンの北西に停泊中。







大戦艦入り口で通行証を使い中に入る。
シド、ヒルダを救出し、エンジンに太陽の炎を放り込んでミッション終了。ダークナイトに見つかるがそのまま脱出。









大戦艦は大爆発。間一髪シドの飛空艇で脱出。ミッションコンプリート。ちなみに大戦艦にはたくさんの帝国兵(キャプテン)がいるんだけど、大戦艦は大爆発したことからダークナイト以外全員死亡したと推測します。ノーカウント。


大戦艦
帝国兵×いっぱい(ノーカウント)
ダークナイト×1(ランサー。後でカウントするためノーカウント)

計0人




アルテアに戻るとフィン王が亡くなってしまいます。ゴードンは反乱軍の指揮をとるため離脱。ミンウはアルテマの呪文の封印を解くためミシディアへ。我々は竜騎士の城ディストへ行けとのこと。ヒルダは少しおかしい様子。








ディストに行くためには船が必要。パルムの町へ行くと女が連れていってくれるとのことなので、ご好意に甘えてしまおう。





しかしそんなに世の中甘くなかったり。
正体は海賊。戦闘に。








その後レイラが仲間になり船も自由に使用可能に。








ディスト城に到着。




城には子供と母親の2人しかいない。最後の飛竜がいる。しかし北の洞窟にあるペンダントがないと話ができないとのこと。







バーサーカーはどうやら竜とは話ができないようである。使えないのう。ペンダントを求めてディストの洞窟へ。速攻で発見。これで飛竜と話せる。







飛竜は卵を生み落とし、それをディストの泉に沈めてくれと依頼され亡くなります。再びディストの洞窟へ。泉の前にいるキマイラを倒して卵を泉に沈めミッション終了。

そろそろ敵さんも強くなってきた。
どうでもいいが、FF2のヒルギガース見ると、ファイナルファイトのアンドレ思い出すのは私だけだろうか。同じFFつながりだし。


ヒルギガース



アンドレ





アルテアに戻るとヒルダがますますおかしくなっているらしい。様子を見に行くとちょっとエッチな展開に。








しかしそんなに世の中甘くない。
ヒルダに化けたラミアクイーンとの戦闘へ。





本物のヒルダは闘技場の景品となっているので救出へ。レイラが抜けて再度ゴードンが仲間に。まったく手間のかかるお姫様ですな。闘技場でベヒーモスと戦闘。1撃で撲殺。







倒しても捕まってしまう。ポールが助けに来てくれます頼もしいやつである。その後ヒルダを助けて無事脱出。









次は反乱軍、ついにフィン城奪回作戦を決行。
アルテアの反乱軍アジトは誰もいなくなってます。フィン城近くのキャンプ場にいるとのこと。









キャンプ城ではヒルダ、ゴードンがいるがイベント無し。フィン城攻略後、ヒルダ達はフィン城へ移動し、キャンプは無くなってしまうのでここではカウントはしません。


フィン城に入るとレイラが再度仲間に。
ここでのイベントは簡単。階段昇って王座にいるゴートスとかいうボスを倒すのみ。1撃で撲殺。フィン城奪回作戦終了。






今度はミシディアに行ってミンウの様子を見てこいとのこと。
人使いがどんどん荒くなってきておりますな。





ミシディアの洞窟を抜けるには白い仮面、黒い仮面が必要らしいので、フィン城にある白い仮面の在りかをポールに聞いて見事ゲット。





次に南の島の洞窟で黒い仮面をゲット。
楽勝。あとここに仮面の部族が住んでます。後からカウントします。






ミシディアの町に到着。






ここの地下で白い仮面を使い、次に行くミシディアの洞窟のドッペルゲンガーを封じ込め、黒い仮面でドッペルゲンガーを消滅させてミシディアの塔の封印を解くクリスタルロッドをゲット。











やっとミンウがいるミシディアの塔へ到着だ〜・・・っと思ったのもつかの間、いきなり津波が起こり、洞窟へ。





どうやら船ごとリヴァイアサンに飲み込まれたらしい。飲み込まれた人々もここで生活しております。







ここに全滅したと思っていた竜騎士が存在。彼の名はリチャード。リヴァイアサンの出口にいるラウンドウォームを協力して倒すことに。倒すと船で無事脱出。









・・・しかし、リヴァイアサンに置き去りしてきた人々が少し可哀想ではありますな。まいっか。リヴァイアサンに住んでいる人のカウントはここでしかできないので調査開始。


リヴァイアサンの腹の中
男1×3
男2×1
男3×1
女1×1
女2×1
じーさん×1
竜騎士×1(リチャード。一緒に脱出するためノーカウント)

計8人





ミシディアの塔に到着。
クリスタルロッドで封印を解く。



各階を守っている魔導士がそれぞれファイアーギガース、アイスギガース、サンダーギガースに変身して攻撃してきます。さすがに1撃では倒せなくなってきました。





最上階でミンウと合流。
アルテマの封印を解くため力を使いきり亡くなってしまいます。











ミンウ、君の死は無駄にしないよ。
・・・嘘です。思いっきり無駄死にさせてしまいました。アルテマ1度も使わなかったです。熟練度上げれば強力なのかもしれませんが。申し訳ない。

究極魔法アルテマを入手し、フィンへ凱旋。しかに今度は皇帝の力により竜巻が発生。アルテア、ガデア、パルム、ポフトの町を破壊し、フィンに迫っているとのこと。







フィン城の鏡の間でペンダントを使うと飛竜が飛んできます。そして飛竜に乗って竜巻の中へ。









竜巻の最上階で皇帝と戦闘。めっちゃ弱い。
皇帝を倒し、フィン城で宴が開かれるが今度はダークナイトが皇帝になったらしい。しかも正体はセイバーの兄、ランサーだったのである!(いまさら)。












ランサーの暴走を止めるため&パラメキア城に潜入するため、フィンの町にいるポールに相談。そこには傷ついたシドがおり、飛空艇を託し亡くなってしまいます。この飛空艇でパラメキアへ潜入。









最上階でダークナイトとのイベントのさなか、皇帝が甦り、パラメキア城は崩壊。絶体絶命大ピンチ。しかしリチャードが犠牲になり、ダークナイトと3人は飛竜に乗ってフィンに帰還するのであった。










ヒルダとの謁見後、ダークナイトことランサーがついに仲間に。しかし熟練度を上げる裏技が使えないためあまり役に立たないのがツライ。









この時点でディスト城の母子に会いに行くとエクスカリバーを譲ってくれます。その後、母子はどこかへ旅立ち、ディスト城には誰もいなくなってしまいました。





あとは連続ラストダンジョン「ジェイドの泉〜パンデモニウム」へいって皇帝を倒すのみ。っということで、ラストダンジョン以外のイベントは終了したことから人口調査を開始します。長かった。


アルテアの町
0人(竜巻により壊滅)


ガデアの村
0人(竜巻により壊滅)


港町パルム
0人(竜巻により壊滅)


フィン城
ゴードン×1
ヒルダ×1
レイラ×1
男3×12

計15人


フィンの町
男3×4
男4×3
女2×1
子供×1
ポール×1

計10人


港町ポフト
0人(竜巻により壊滅)


サラマンド
男1×3
男4×5
女1×3
女2×2(ネリー含む)
女3×1
魔導士×1

計15人


セミテの滝
0人


雪原の洞窟
0人


バフスク
男1×5
男4×5
女2×1
魔導士×1

計12人


バフスクの洞窟
0人


ディスト城
0人


ディストの洞窟
0人


カシュオーン城
0人


チョコボの森
チョコボ×1(ノーカウント)

計0人


パラメキア城
0人


闘技場
0人



南の島の洞窟
">
仮面の部族×12

計12人




ミシディア
魔導士×13人
男4×5
女2×1

計19人


ミシディア洞窟
0人


ミシディアの塔
0人



独自ルール違反かもしれないが、厳密に数えるならば実はこれら以外にカウントしなければならないキャラがいる。それはレイラの船の海賊達だ。




彼らは船の中に滞在し、レイラが仲間になったイベントを見るに計8人ということが分かる。いちおうカウント。


レイラの手下(海賊)
男2×8

計8人


それと、ディスト城でエクスカリバーを譲ってくれた母子2人もカウントしなければなるまい。イベント後、どこかへ旅立ってしまうが生きていると思われるので。

ディスト城にいた母子
女1×1
子供×1

計2人



よしと。
ではいよいよラストである。
ジェイドの泉からパンデモニウムへ連続ダンジョン。非常に敵さんが強いっす。ザコ敵でもボス用のBGMもったキャラとかいるし。この先は人間はいなかった。

・・・っと思ったらいました。あぶないあぶない。
ジェイドの泉の滝のところに隠れ魔法屋があるのです。キャラグラフィックは確認できないけど。忘れずカウント。




ジェイドの泉
隠れ魔法屋×1

計1人



ラストダンジョンパンデモニウムに到着。
ここでは源氏装備、マサムネ、リボンなどが入手可能。固有キャラが守っているという熱の入れよう。













ラスボス皇帝。




倒してエンディング。めでたしめでたし。









調査結果

アルテアの町:0人
ガデアの村:0人
港町パルム:0人
フィン城:15人
フィンの町:10人
港町ポフト:0人
サラマンド:15人
セミテの滝:0人
雪原の洞窟:0人
バフスク:12人
ディスト城:0人
ディストの洞窟:0人
カシュオーン城:0人
大戦艦:0人
チョコボの森:0人
パラメキア城:0人
闘技場:0人
南の島の洞窟:12人
ミシディア:19人
ミシディアの洞窟:0人
リヴァイアサンの腹の中:8人
ミシディアの塔:0人
レイラの手下:8人
ディスト城にいた母子:2人
ジェイドの泉の隠れ魔法屋:1人
パンデモニウム:0人


計102人



FF2の最終的なゲーム内の人口は自キャラ4人を加えても106人しかいないという事実。あれだけいた帝国兵も1人もいなくなった。「目で確認できないキャラはカウントしない」という独自ルールに従えば、レイラの手下、ジェイドの母子は除外せねばならんので、実質96人(ジェイドの泉の隠れ魔法屋はキャラは確認できないが会話ができるのでカウント)。やはり竜巻によるアルテア、ガデア、パルム、ポフトの壊滅が大きいですな。

ファイナルファンタジー2は武器、魔法の熟練度や、隊列(前列、後列)、チョコボ発登場、そしてなにより経験値というものが存在しない画期的なゲームシステムを搭載したRPGだったすね。それにシリアスなストーリーと良質なBGMも合わさってFFシリーズで1番好きという友人も多いです。


最後にファミ通の点数。1と2どっちが好み?

 


おしまい


関連
ファイナルファンタジー1の世界の人口を数えてみた
http://nesgbgg.seesaa.net/article/98985299.html








この記事へのコメント
そういえば意外に人口少ないんですね…

こうてい…
昔勝てなかったのがトラウマです
ちゃんと熟練度あげずに
ブラッドソードも捨てちゃったっていう…
Posted by MEL at 2008年06月06日 20:04
>熟練度上げれば強力なのかもしれませんが

最大まで上げても弱いです。物理防御が高い敵ぐらいにしか使いません。しかも、魔法を使いたいならある程度鍛えてある他の魔法(フレアとか)を使った方が早いですし……。
Posted by at 2008年06月07日 13:57
これの12やってください
Posted by at 2008年06月07日 19:48
ファッキンジャップどもはなんでこんなつまらないことに拘ったりするのかね。面白い企画と思ってるのか?

画面に映ってるキャラクターは常識的に考えて群衆のアイコンだろ。村なら*10人、街なら*100人を概算しないと意味ないなくね
Posted by aaa at 2008年06月08日 10:55
>人口の少なさ
帝国による独裁&軍事政権とか、世界観による影響も色濃く現れているような気がします。

何処かもの悲しさが漂うストーリー。
これは2だけが持っている魅力ですね…久しぶりにやりたくなって来てしまいましたw
Posted by じぇふ茶 at 2008年06月09日 21:43
数えるコーナーお疲れ様です。
子供の頃はあほみたいに熟練度上げてましたが、悪さしないで普通にプレイしてみたいですね。

今度は人口以外にも挑戦しましょう笑
例えばスーパーマリオブラザーズのコインの全枚数は?とか笑
Posted by ふじおか at 2008年06月11日 20:53
>熟練度上げれば強力なのかもしれませんが

オリジナルはホーリーを強くしたような魔法だったみたいですな。
リメイクだとアルテマ以外の熟練度もあげると強いと言う話。
Posted by at 2008年06月12日 12:34
毎度お疲れ様です。
すごく懐かしい想いで読んでしまいました。
人口が少なかったのは意外でしたが
FFシリーズの中でも2はイイですよ、やっぱり。
Posted by sergeant at 2008年06月12日 21:09
>MELさん
私は攻撃は全てガイのコブシだけで後半は進んでいきましたね。魔法はケアル、レイズ、テレポくらいかなあ使ったの。こうていはメッチャ硬いんで驚きましたw

>名無しさん1
アルテマは弱いのですか。このゲームはやっぱり武器だけで進んだ方が効率いいのかも。

>名無しさん2

FF12までやる予定は今のとこないっすね。あと10年してレトロゲームと呼ぶにふさわしい状態になったら課考えてみまっす。

>aaaさん
まあおっしゃるとーりですなあ。
基本的に自己満足のためだけにやってる企画なので生暖かく見守ってくだされば幸いですw

>じぇふ茶さん
2は対モンスターではなく、対人間の物語ですな。その分、ストーリーも奥深くなっている気がします。ただ、それにゲームシステムの賛否両論があるのも事実ですが、FFはシリーズごとにゲームシステムを変えるので、そのフロンティアスピリッツは評価したいです。

>ふじおかさん
ぶっちゃけ、たいしたネタがでてこないので、この企画で繋げているんですよね・・・ちょっち寂しいかも。ひらめいたら人口以外もやってみますですw

>名無しさん3
ほう、他の魔法の熟練度上げるとアルテマの威力も上がるとは初耳っす!ちょっと他のサイトみてみたんですがそのようですね。でももうとうぶんFF2はやらないだろうなあ・・・情報ありがとうございました♪

>sergeantさん
コメント遅れ申し訳ないっす。無事退院しました。FF2はシナリオで引っ張ってもらった感じですたね当時。難易度も高くて投げ出したこともありました。でもFF1も難易度は高かったんですから、当時としては問題ないレベルだったのでしょうね。当時、フレンドリーなドラクエ、意地悪なFFってのを思い出しましたw

Posted by ふうのしん at 2008年06月24日 17:34
FF2は回避が最重要ステータスだった気がする。
回避が低いダークナイト(笑)はブラッドソードを持つ方々の餌食だったな…。
Posted by at 2009年07月24日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99589584

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。