にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2008年03月16日

天地を喰らってみた

私は三国志が大好きだ。
何度か書いたけど横山光輝三国志を数え切れないくらい読み返したし。

こんだけ好きなのに、まだ三国志関係の記事を書いてなかったので、光栄の歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズのシブサワ・コウ氏監修の攻略本に、よく武力、知力、総合能力等のランキングが載っていたのを思い出し、同じようにカプコンの名作RPG「天地を喰らう2」に登場する武将の能力を1人1人調べてランキングを作ってみた。


画像は専用顔グラフィックが用意されているキャラだけ抜粋。なんか、難しい漢字が使われているキャラは、入力しても文字が消えてしまうのでカタカナ表記にしてます。


武力TOP20

1位呂布:255
  張飛




3位関索:250


4位関羽:245


5位趙雲:240
  馬超
  魏延
  張苞
  キョチョ










10位関興:235
   文醜
   曹彰
   ホウトク




14位張遼:230
   夏侯惇
   典韋
   顔良
   馬岱










19位徐晃:225
   チョウコウ




知力TOP20

1位諸葛亮:255


2位司馬懿:250


3位ホウトウ:245


4位姜維:240
  司馬師
  荀ケ




7位馬良:235
  魯粛


9位曹操:230
  司馬昭
  郭嘉
  陳群
  荀攸




14位程c:225
   楊修
16位カク:215
17位馬謖:210
18位張遼:205
   法正
   曹植




素早さTOP7
(7位以降は似たりよったりなのでハショりました)

1位姜維:245


2位司馬懿:210


3位大蛇(ヤマタノオロチ):200


4位曹丕:195


5位孟達:185


6位趙雲:180


7位馬超:175
  張魯
  司馬師
  張遼
  曹彰










総合TOP20(武力、知力、素早さ合計)

1位姜維:695


2位司馬懿:665



3位趙雲:620


4位張遼:610


5位曹操:600


6位関羽:585


7位関興:560
  曹丕
  曹彰




10位馬超:555


11位黄忠:545
   関索




13位馬岱:535
   張魯




15位ホウトウ:520
   孟達




17位司馬師:515


18位張任:510
   カクショウ


20位司馬昭:505
   チョウコウ



この様になったでござる。
総合では姜維がダントツ。個人的MVPは全てにランクインした魏の名将張遼。あと、この作品では呉の武将が一時的に仲間になる魯粛以外登場しません。赤壁の戦い時に、周瑜と太史慈の顔グラフィックだけ確認できますが、それだけ。1ではたしか呉討伐があったと思ったけど、2ではカットされてます。非常に残念。カットされたといえば徐庶イベント。1ではあったのに2では徐庶は登場せず。やっぱイベント演出に容量使いすぎたのだろーか。残念。いちおう1の徐庶の能力はこちら。




ついでに超ハショり攻略。


最初に曹操に袁術討伐を命じられるので、速攻で撲殺。ちなみにボス戦のBGMが最高。カッチョイイ。携帯電話のカメラで撮ったので見づらいっす。




城に戻ると、曹操暗殺計画がばれて大群で攻め込んでくる。





関羽、張飛と分かれて北方の雄、袁紹を頼り逃げることに。


袁紹に曹操軍攻略を命じられ、猛将顔良と出陣するが謎の武将に一撃で討ち取られ、弟の文醜も一撃で切り殺される。





謎の武将の正体は関羽。
劉備が生きていることを伝えるため、関羽に密偵をだす。関羽の千里行へ。5つの関所を突破して劉備と合流。張飛、趙雲とも再会。


時は流れて劉備は劉表にお世話になっている。
賊を退治した後、孔明を軍師として迎え、曹操軍10万の兵を撃破。







その後、ついに曹操軍が南方攻略を開始。赤壁の戦いへ。





劉表は息絶え、臣下の蔡瑁は曹操軍に降伏。劉備軍は孫権に開戦させるため、呉に赴く。

呉が開戦のための3つの条件、
@東南の風
A100万本の矢の入手
B水軍指揮の蔡瑁の撃破

東南の風は日本に渡り、ヤマタノオロチを撲殺してヒミコから秘法書を授かる。蔡瑁も撲殺。同時に100万本の矢も入手。









そして、ホウトウの船同士を鎖で繋ぐ連環の計にて曹操軍100万を撃破。













曹操軍を追い払った後は荊洲攻略。呂布が生きていて最後の決戦。





その後、蜀を手に入れるため、劉璋の依頼で漢中の張魯を撃破。





劉璋が裏切って対立。蜀の名将張任の計によりホウトウが戦死。







成都で劉璋を破り、蜀の地を手に入れる。





漢中が曹操軍によって奪われる。
夏侯淵を撲殺して魏討伐へ。







天水の麒麟児姜維登場。
母を助けて見事仲間に引き入れる。





街亭にて司馬懿の策にハマる。







街亭を攻略し、曹操と最終決戦。









さらに進軍を進めて曹操の息子曹丕と激突。





司馬懿が謀反を起こし、曹丕死亡。





洛陽にて司馬一族と最終決戦。




横山光輝三國志読んだ方なら分かるだろーけど、重要イベント時の武将のセリフがまったく同じ。カプコン開発陣も横山光輝三國志を参考にしたんだと思う。

正直、歴史的に見てツッコミどころ満載。
っが、私はこれで良いと思った。歴史どおり進んだら蜀が1番最初に滅んじゃうしね。ゲームとして面白いんだからOKでござる。賛否両論あるだろーけど。

天地を喰らうの戦闘システムは画期的。
HP=兵士数で、しかも、兵士数が少なくなるほど直接攻撃力が落ちる。たしかFFで、HPが少なくなるほど攻撃力が増す武器やスキルがあったと思ったけど、共通システムとして採用しているのはこの「天地を喰らう」だけなんじゃないだろーか。いくら武力が高い武将でも兵士数が少なければ激弱。うまくバランスをとってるなと関心。戦闘が面白くてしかたがない。今更だけど、RPGって戦闘が面白くなければプレイ意欲がわかないと再認識。

このことから先制攻撃することが非常に重要。
陣形によっても攻撃力、守備力、素早さも変動するので、いろいろ考えながら攻略するのが楽しいですな。そして1、2にいえることだが、BGMが素晴らしい。いい感じに盛り上げてくれまふ。話のテンポもストレスがなくスムーズに進むし、個人的にはドラクエ、FFに匹敵するほど高いゲーム性を持ったRPGだと思うんだけど。

ただ、続編は厳しいだろうなー。歴史物はシナリオいじれないから。結局同じシナリオにオリジナルストーリー付加することくらいしかできない。なので、DS等でのリメイクをカプコンさんに期待。1のように黄巾族討伐からプレイしたいのう。南蛮攻略もぜひ入れていただきたい。システムはいじらなくていーので。売れると思うんですがどーでしょう。


最後に能力がワーストの武将は誰かと調べてみた。
考えるまでもなく全ての能力が最低のこの人でした。









・・・オチとしてはイマイチですな。


おしまい
posted by ふうのしん at 14:38 | Comment(7) | TrackBack(0) | 天地を食らってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいいいい
ボス戦のBGMは最高ですよね。
劉劉とかはやらんのですか。
Posted by at 2008年03月16日 18:58
>歴史的に見てツッコミどころ満載。

そう!!ゲームとして面白いかが
重要ですよね!!

ゲームなんだから!!っていう!!
Posted by MEL at 2008年03月16日 23:15
>名無しさん
劉劉思い出しましたよ!
そんな裏技あったですね。超強力な武将。忘れてたっす。張魯を仲間にする裏技は覚えてたんですが。つっても劉備に話しかけるだけだけど(笑)。ボス戦のBGMはホントいいっすよね♪

>MELさん
歴史どおり進んでも内容分かっちゃってるんで、多少のオリジナル要素入れていただけるとうれしいですよね。プレイヤーによって価値観は違うでしょうから、歴史通りじゃないとヤダ!って人もいるのでしょうが。
Posted by ふうのしん at 2008年03月17日 18:39
つい最近までW-ZERO3で遊んでいたのになんというタイムリー記事。

問題は各将軍が持っている装備している武器が強制イベントとかで隊列が変わってもそのまま残ってしまうのがなぁ…。

関羽がヤリ持っていたり、馬良が弓持っていたり…

たぶんアドレス管理がそういうことになっているのだと思うけれど…。
Posted by さやま at 2008年03月18日 16:22
>さやまさん
確かにキャラが強制で抜けたりした場合、次にパーテイに加わるキャラが受け継いだりと、分かりにくいんですよね。おしゃるとおり、装備できないキャラでも装備してるし。不満点でしたね。
Posted by ふうのしん at 2008年03月20日 13:49
今だに本家、パッチ版ともに何度も繰り返しプレイする最高の作品です。
最高のRPGです。
Posted by だれか at 2008年04月09日 18:08
通りすがりですが、
趙雲のすばやさの値が間違っていると思われます・・・
Posted by at 2011年01月02日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89776666

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。