にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2007年10月29日

名作「逆転裁判」と迷作「反転裁判」の比較

カプコンの名作「逆転裁判」と、月姫の2次創作同人ゲーム「反転裁判」のお話。






何回か前にハックロムの記事で紹介した「反転裁判」、実際には「月ノ裁(つきのさばき)」というらしい。興味があったのでオークションで入手して早速プレイしてみましたが、とても良くできた作品でした。

このゲームは逆転裁判1をうまくパロって、月姫のキャラを逆転裁判のキャラに割り当てています。逆転裁判のゲームシステム、探偵パート、法廷パート。法廷パートでの「証言」、「尋問」、「ゆさぶる」、「つきつける」など、ほぼ全て再現。

正直、ストーリーはパロディなんだからお笑い系だと思ってましたが、とってもシリアスに作られていて、しかも、月姫の世界観を損なわないように細心の注意を払っているように感じました。

月ノ裁のストーリーは、主人公・遠野志貴が、初めての法廷で殺人事件を担当するという展開。逆転裁判1の主人公ナルホドくんと同じ設定です。セリフも同じようにパクっていて、逆転裁判、今のところ全部プレイしている私もニヤリとしてしまいました。

出来る限り月ノ裁のネタバレしないよう心がけたのですが、これからプレイする人は見ないようにお願いします。





月姫のキャラクター紹介&月ノ裁での立場

遠野志貴(とおの しき)
10月15日生 AB型 身長169cm 体重60kg

月ノ裁での設定
琥珀堂法律事務所の新米弁護士。
逆転裁判の主人公、成歩堂隆一のポジション。
遠野家使用人だった琥珀の事務所に所属。


















月姫での設定
主人公。養子になる前は「七夜志貴」。遠野による七夜一族殲滅の後発見され、遠野家の長男と同じ名前であるという事から槙久の興味を引き、遠野に養子に取られ、四季、秋葉、双子の一方(翡翠)とともに幼少の一時期を過ごす。

遠野志貴には七夜の血により視えないものを視る「淨眼」という能力が備わっており、子供の頃の二度にわたる臨死体験がきっかけで、モノの「死」を見ることの出来る『直死の魔眼』を得る。直死の魔眼は脳に非常に重い負担(頭痛や眩暈、貧血等)をかけるため、普段は魔眼殺しの眼鏡(先生である蒼崎青子より与えられる)をかけている。

※「直視の魔眼」について
簡単に説明すると、物の死が見える能力。
死の情報は黒の線と点で表現され、線はその物質の壊れやすいラインであり、点は死そのもの。線を断てば、その個所は本体が生きていようとも死滅し、二度と動くことは無くなる。 点を突けば、その個体は完全に「生」を停止する。

死に至らしめることが可能なのは生物だけに留まらず、あらゆるモノを死に至らしめる(有機、無機、概念の死すらも)。 死者ですら直死の魔眼の前では「生きた死者」であるが故に殺すことが可能。物質的な破壊から存在的な消去を可能としている魔眼。


成歩堂 隆一との共通点
新米弁護士。そのくらいかな。

成歩堂 隆一との相違点
眼鏡をかけていることくらい。





アルクェイド・ブリュンスタッド
12月25日生(自称) 身長167cm 体重52kg B88/W55/H85

月ノ裁での設定
最初に弁護することに。英語の教師をしているとか。逆転裁判の矢張正志のポジション。アルク、あまり出番がなかったですね。














月姫での設定
通称アルク。月姫では正ヒロイン(らしい)で、真祖と区分される吸血種。
ある目的で主人公の住む街にやってくるが、予想外のトラブルによっていきなり十七個に解体され殺されるという設定が衝撃だった正ヒロイン。太陽の下を歩いても平気で、人間の血を吸わない変わった吸血鬼。使命の達成を追求しているが、根は無邪気で好奇心旺盛。長生きしているように見えるが、実際活動している年数は一年に満たない。
高い身体能力から繰り出される「爪」と「空想具現化」による戦闘力&星からの無限のバックアップを持つ真祖の能力ゆえにほぼ無敵。深夜では、志貴の直視の魔眼ですら死を見ることができない。しかし作中ではロアに力の一部を奪われ、また志貴に切り刻まれた影響で大きく弱体化している。


矢張正志との共通点
「事件のカゲにヤッパリ矢張」
「アルクの歩く所事件アリ」
うまく当てはめています。うまい。性格も無邪気という点では似ているかも。


矢張正志との相違点
・性別
・人間ではないこと
・英語の教師をしている





遠野秋葉(とおの あきは)
9月22日生 A型 身長160cm 体重45kg B73/W57/H79

月ノ裁での設定
18歳という若さで検事になった天才。逆転裁判の御剣怜侍のポジション。服装もそっくり。なぜ検事になったのか?それは月ノ裁後半で語られます。














月姫での設定
志貴の妹で、名門「遠野家」の現当主。志貴を家に呼び戻した張本人であり、礼儀正しく完璧な立ち居振舞いを見せる気の強い令嬢。

いわゆるツンデレ。しかし、小さい頃は大人しく気が弱かった。 8年間も離れて暮らしていた志貴に負い目や不満があり、優しくしたいと思いつつも、志貴の気ままな性格や自身のプライドのせいで素直に感情を表せないでいる。

胸がないことをコンプレックスに思っている。 浅上女学院という学園で寮生活を送っていたが、志貴を遠野家に戻すにあたり自宅からの通学に切り替えた。紅赤朱(先祖還り)という遠野家の血筋における特殊な能力を使用する。その際、髪の毛が赤くなる。


ミツルギとの共通点
・敏腕検事
・冷静

ミツルギとの相違点
・性別
・主人公と親類関係





琥珀(こはく)
3月12日生 B型  身長156cm 体重43kg  B78/W58/H80

月ノ裁での設定
遠野家使用人を辞め、弁護士となり、琥珀堂法律事務所を開設してます。
琥珀さんかなりカッコイイです。逆転裁判の綾里千尋のポジション。
なぜ弁護士になったのかは・・・ゲーム後半で明かされます。














月姫での設定
遠野家の使用人で、翡翠の双子の姉。割烹着が普段着で、秋葉付として彼女の身の回りの世話や料理や庭の手入れ、遠野家の健康管理や財務管理など幅広く受け持っている。だが、邸内の掃除は破壊癖があるため禁じられている。また、薬学の心得があり、遠野家の庭の草で薬品を調合することがある。
いつも明朗で笑顔を絶やさないが、実は翡翠とは逆に笑顔でしか表情を表現できない。その裏には、過去の様々な出来事が深く関係している。

実は秋葉の父、遠野槙久の暴走(反転による紅赤朱化)を抑えるために琥珀・翡翠姉妹の「感応」能力が必要とされ、遠野家に引き取られた経緯がある。琥珀は翡翠に累が及ぶのを食い止めるため、幼少の頃から一人で槙久の暴行(ほぼ性的暴行)に耐え続ける日々を送っていた。彼女が笑顔の仮面を被るようになったのはそのトラウマを抑え込むためである。


綾里千尋との共通点
・法律事務所の所長。
・ものすごく頼りになる。
・グラマー(月姫時代より5年後の設定にしているためか)


綾里千尋との相違点
死なないこと。





シエル
5月3日生 O型 165cm 52kg B85/W56/H88

月ノ裁での設定
裁判長を務め、公正(?)な判決を下してます。














月姫での設定
志貴の学校での先輩。しかし実は異端審問の組織『埋葬機関』の代行者として、神に代わって異端を殺すことを生業としている人物。このことからアルクェイドとは折り合いが悪く、隙あらば殺し合いを始めるほどの関係。

「シエル」は洗礼名であり、本名はエレイシア。 卓越した身体能力、膨大な知識、冷酷な感性を持つ。 ある理由から決して死ぬことが出来ない(プレイした人なら分かる)。

メガネにはあまり度が入っておらず、戦闘時は外していることが多い。 そのほか、『ひぐらしのなく頃に』では彼女のオマージュとして知恵留美子(ちえ るみこ)先生というキャラクターが登場しており、外見はもちろんのこと、『先生』、『カレー好き』という設定も引き継いでいる。


サイバンチョとの共通点
・裁判長という立場


サイバンチョとの相違点
・性別、年齢、性格、ほぼ見た目全部。
・ある理由から死ねない。
・サイバンチョよりも冷静沈着。そのためにシエル独特の個性が発揮されなかったのがちと残念。まあ裁判長という立場上しゃーないか。





乾有彦(いぬい ありひこ)
10月24日生 B型 174cm 62kg

月ノ裁での設定
刑事。逆転裁判での糸鋸圭介刑事のポジション。
ポジション的に登場回数が多く、琥珀さんと同様、出世キャラになったのでは。ちなみに歌月十夜で登場した有彦の姉、一子さんは有彦の上司として出演してます。絵はないけど。月姫で唯一の喫煙者。






月姫の設定
志貴のクラスメイト。悪友。女たらし。赤毛の不良で志貴とは相性が悪そうな人物だが、いろいろと通ずる部分があり小学校以来の腐れ縁を保ち続けている。中学時代の志貴は、乾家に入り浸っていたという話。


イトノコ刑事との共通点
刑事


イトノコ刑事との相違点
主人公と親友であること。そのことからイトノコ刑事よりも情報を流してくれます。





瀬尾晶(せお あきら)
1月17日生 AB型 身長153cm 体重41kg B73/W59/H82

月ノ裁での設定
志貴が最初に戦う検事。だから逆転裁判のキャラでならアウチ検事ってことか。ちと可哀相。その性格から検事には向いていないですな。










月姫PLUS-DISCでの設定
秋葉の通う学院の中等部の後輩。二人は生徒会活動を通じて知り合った。
やおい系同人誌を描くことが趣味の腐女子。ランダムに発生する未来視という異能力を持つがそれ以外は普通の人。秋葉を異様に畏れており、目の前にするとおどおどと草食の小動物のようになってしまう(でも秋葉が好き)。

造り酒屋の娘であり、幼少時より日常的に利き酒を経験してきたため、酒にうるさく、また酒豪。学園寮でもこっそり飲んでいるらしい。


アウチ検事との共通点
・最初に戦う検事
・弱い


アウチ検事との相違点
・外見、性格、性別ほぼ全て。





弓塚さつき(ゆみづか さつき)
8月15日生 A型 身長161cm 体重45s 79-59-82

月ノ裁での設定
最初の被害者、高日美佳のポジション。
人気があるのに相変わらず損な役回り。セリフも無くいきなり殺されてます。さっちんに栄光あれ・・・・






月姫での設定
志貴のクラスメイト。通称さっちん。本作の舞台・三咲町で起こった連続殺人事件に巻き込まれてしまう。 中学時代に志貴に助けてもらった事があり、彼に想いを寄せていたが、肝心の志貴は気付いていなかった。

本来なら彼女にも専用ルートが用意されるはずだったが、諸事情でカットとなった。
名実ともに悲劇のヒロイン。実は初期設定では男性だったらしい。


高日美佳との共通点
・最初から死んでいる被害者


高日美佳との相違点
・最初から死んでいるので知らん。





遠野四季(とおの しき)
9月29日生 A型 178cm 65kg

月ノ裁での設定
無敗の天才検事。外見は裏ルートの四季ですね。狩魔(父)のポジションです。














月姫での設定
遠野家の本当の嫡男。秋葉の実兄。月姫世界における第十八代目ロアの転生体。
表ルート(アルク、シエルルート)と裏ルート(遠野家ルート)で容姿、能力等が違うが、どちらもこの遠野四季の肉体である。
表ルートではロアの意識が強く出ている為、ロア好みの洋装を取る。

裏ルートでは容姿も和装に白髪と本来の四季に近くなり、ロアの影響から吸血鬼化してはいるものの、魔術等の情報の継承もされていない。「頭の中で声がする」等、ロアの意思は「殺せ」と行った大まかな方向性のみになっている様子。

琥珀シナリオでの志貴との会話や、歌月十夜でのミニシナリオも好評を博しており「反転しなければ良い奴だった」と言うファンも多い。アルクェイドには執着せず、実妹の秋葉に対して異常な程に関心を示す。歌月十夜での描写もあり、その執着ぶりは一種のネタとなっている。

遠野に潜む鬼の血を濃く継承し、その上ロアの影響で8年前に幼くして反転してしまう。その際志貴を殺し、反転した者への処罰として当主の槙久により殺されるが、志貴と命を共有し生き長らえる。その後、瀕死の四季を見た槙久は息子を殺せなくなり、それ以降は四季は地下牢へと幽閉され、琥珀が世話をすることになる。
赤目になったのは吸血鬼化の影響であるが、白髪、和装になった理由について公式からの説明はされていない。


カルマ検事との共通点
・裁判で一度も負けたことがない天才検事。


カルマ検事との相違点
・カルマ検事は40年間無敗。四季は86戦無敗。
・死ぬ。
・反転衝動という遠野家の血によって精神が不安定になる。ホントはいい奴。







ここまでが逆転裁判のキャラに当てはめられている月姫キャラクター達です。
ここから下は逆転裁判のキャラに当てはめられなかった月姫キャラクターになります。







翡翠(ひすい)
3月12日生 B型  身長156cm  体重43kg  B76/W58/H82

月ノ裁での設定
一応、琥珀さんの妹だから、ポジションはマヨイちゃんなんだろうけど・・・いや、ぜんぜん違うなあ・・・ウラミちゃん・・・これまた違う。素のままのキャラってことでこの位置に載せました。






月姫での設定
遠野家の使用人で、琥珀の双子の妹。邸内の食事を除く家事全般と志貴の世話を受け持っている。料理は、包丁の扱いが下手な事と味音痴である事から禁じられている。
寡黙で無表情だが、よく見ると感情表現がはっきりとしており、潔癖症で極度の照れ屋で男性恐怖症。
幼少時は現在とは違い明るい性格だったが、ある事件をきっかけに寡黙な性格になってしまった。

月ノ裁では、琥珀が使用人をやめてしまった現在も遠野家使用人として働いています。料理は相変わらず出来ないためコックを雇っているんだとか。被告人として登場。





レン
9月9日生 身長132cm 体重33kg B63/W48/H61

月ノ裁での設定
重要な証人として登場。やっぱり可愛い。












月姫&歌月十夜での設定
アルクェイドの使い魔にして夢魔。月姫のファンディスク歌月十夜(かげつとおや)より出演。物静かな面持ちの少女で、外見年齢は十歳程度。黒いコートを着て、大きなリボンをしている。

言葉を発することは無いが、喋れない訳ではなく「言葉を使用しない」という決まりで活動している。普段は黒猫としてアルクェイドの傍におり、月姫本編でもその存在だけは示唆されている。ケーキが大好き。






ななこ(セブン)
3月20日生 身長145cm 体重38kg B67/W53/H74

月ノ裁での設定
裁判長の補佐(?)。
逆転裁判のサイバンチョの木槌の変わりにセブンのヒヅメが木槌の代わり。あとはレンの足場になったりと、ちと可哀相。まあ出番があるだけマシか。






歌月十夜での設定
有彦が拾った馬。「ななこ」は有彦が名付けた。
その正体はシエルの第七聖典に宿っている精霊。見た目は14歳ほどの少女。ヒズメはドラえもんと同じく持ちたいものがくっつくらしい。







月姫蒼香(つきひめ そうか)
2月28日生 B型 身長150cm 体重40kg B70/W55/H76

月ノ裁での設定
歌月十夜の設定のとおり寺の住職をしています。冷静沈着。
志貴に的確なアドバイスをくれます。個人的に髪をおろしている方が好きだなあ。証人としても登場。




歌月十夜での設定
秋葉の通う浅上女学院の僚友。
男前の性格&秋葉の相談役で面倒見がよい。小柄でセミロングだが髪を上げると男性のような外見になる(志貴は最後まで男だと思っていた)。無類のロック好きで週に一度ライブハウスに通うほど。名字がゲームタイトルと同じ月姫だが、そのことに特に意味はないらしい。寺の住職の娘。

月姫のファンディスク歌月十夜(かげつとおや)より出演。
なんか悟りを開いているようなサバサバした性格。





三澤羽居(みさわ はねい)
6月7日生 O型 身長162cm 体重46kg B90/W59/H87

月ノ裁での設定
殺人の第一発見者で法廷に立ちます。天然&美人&巨乳という羨ましいキャラ(?)




歌月十夜での設定
秋葉の通う浅上女学院の僚友。通称「羽ピン」。
おっとりした性格だが、妙に器用で、年中「内職」と称しては小遣いを稼いでいる。
蒼香とは最高のデコボココンビとして(あるいは秋葉を加えてトリオで)周りに見られている。ヒロイン中、最も胸が大きい。レン、蒼香と同じく歌月十夜より出演。





時南朱鷺恵(じなん ときえ)
4月2日生 B型 身長164cm 体重49kg B82/W56/H88

月ノ裁での設定
目撃証人として登場。綺麗なお姉さんは好きですか?






歌月十夜での設定
琥珀の姉弟子で、鍼治療の達人。
過去に志貴の身体を診察することもあった。
ほんわか色っぽい。志貴の「初めて」の人らしい。





ミハイル・ロア・バルダムヨォン

月ノ裁での設定
通称ロア助。イカレたジャンキー。言動がかなりアブナイ人。証人として登場。



月姫での設定
『転生無限者』と呼ばれる死徒。教会側からは死徒二十七祖の一角に数えられているが、その二十七祖からは一介の死徒としてみられ、嫌悪されている。実際に二十七祖としては番外位となっている。別名・アカシャの蛇。
アルクェイドとは昔に相当な因縁があり、アルクェイドに己の血を吸わせアルクェイドを暴走させ、彼女の力を奪って逃走した。





まとめ
主な登場キャラクターはこんな感じで比較してみましたが、相当練りこんで作っている印象。

もともと「逆転裁判」というゲームシステム自体良くできていて面白いのに、いまだ人気が衰えない月姫のキャラを当てはめ、かつ、ストーリーも良く出来ているんだから面白くない訳がない。話自体は3話しかないので短いのが難点ですが、逆転裁判、月姫好きな方なら納得のデキだとは思います。

プレイしてみての感想は、月姫でいう「遠野家ルート」のキャラクターが目立っていた印象。逆にアルク、シエルは地味でした。個人的に遠野家ルートのキャラの方が好きなのでよかったです。ちなみに私が月姫で一番好きなキャラは琥珀さんです。月姫の琥珀ルートは本当に感動しました。

ただ、月姫以降の琥珀さんは、呪縛が解けた為か、モノスゴイはっちゃけぶりを披露することからアンチ琥珀も多いんだとか。まあ、それは琥珀さんの反転衝動ってことで許してあげてください(笑)。


この記事へのコメント
月姫をやったことがない逆転裁判好きですが、レンの元ネタは大滝九太じゃないですかね。
「逆転のトノサマン」で、背が低いためみかん箱の上に乗っかって証言する少年です。
Posted by 通りすがり at 2007年10月30日 22:32
>通りすがりさん
そういえばそんなガキ(失礼)いましたね。時代錯誤なヤンチャ者。トノサマンのどこがカッコイイのか(笑)。
個人的には華宮霧緒が好きですなあ。
Posted by ふうのしん at 2007年11月01日 12:46
さぶズわ何処なの?!
Posted by Anonymous at 2007年12月10日 07:18
HOLY FUCKING SHIT!

SUBS FUCKING WHERE?!
Posted by Anonymous at 2007年12月10日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63267740

この記事へのトラックバック

逆転裁判2 攻略
Excerpt: 【新品】[NDS]逆転裁判2 【BestPrice!版】商品価格:2,780円レビュー平均:0.0[DS]逆転裁判2【ベスト】商品価格:2,820円レビュー平均:0.0新入荷!《中古NDS》逆転裁判2..
Weblog: 裁判
Tracked: 2007-10-31 14:10
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。