にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2007年07月12日

名作「弟切草」と迷作「妹切草」を比較してみた

8月に引っ越しをひかえ、なにかと忙しい今日この頃ですが、地元に転勤してきた友人Jよりまたギャルゲーをいただいたのでそれについて書いてみます。

「月姫」の続編にあたる「歌月十夜」というゲームです。これもコミックマーケットで販売されたファンディスクのようですね。時間的には前作、月姫の数ヵ月後という設定。
同じ一日を繰り返し、自身の行動の取り方によって変化していく夢の世界。




歌月十夜タイトル


この「歌月十夜」は、2つのシステムで構成されています。
@メインストーリー
A10本+1のショートストーリー「夢十夜」


@のメインストーリーは、交通事故で意識不明となった主人公、志貴の命を繋ぎとめるため、アルクェイドの使い魔にして夢魔「レン」は、アルクィルドの命令により志貴の精神に介入し、世界を創り上げていた。しかしかつての創造者であるマスター亡き後、新たな契約者を得なかったレン(アルクェイドは彼女を「預かった」立場であり、契約を結んでいたわけではない)は、力が衰え死を目前にしていた。彼女の力の衰えは「歌月」の世界に綻びを生じさせ、それに気づいた志貴が解決にのり出すというもの。

レン



このメインストーリー、難易度が月姫に比べて非常に高く、攻略するには根気が必要です。
実際、攻略サイト見ながら現在進行形でプレイしてますが、行き詰まってしまいました。

Aは、メインストーリーで条件を満たしていくと、10篇から成るショートストーリー「夢十夜」を遊ぶことができるようになるというもの。夏のお祭りをテーマとして作られただけあって、シリアスな月姫、歌月とは違い、お笑いもの、パロディもの、サイドストーリーなど気楽に楽しむことが出来ます。ファンからの投稿作品もあるみたいですね。そしてこの「夢十夜」のストーリーの一つに「妹切草」が収録されています。


妹切草・・・・・・・その名のとうり「弟切草」のパロディ作品であります。
今回は元ネタの弟切草と比較しながら検証してみることにしました。


まずタイトル比較


弟切草    



続いて妹切草


はっはっは!とりあえずタイトル画面で爆笑。よく似てる。


そして、選んだ選択肢によって様々にストーリーが変化するのが弟切草ですが、妹切草のストーリーと1番合うルートを選択しました。このルートです。


弟切草ルート

@自分(名前は入力。ここでは「ふうのしん」と命名)と、彼女の奈美がドライブ

Aドライブ中、弟切草を発見、その伝説を主人公が語る

B車の故障

C森の中を歩き、一面に生い茂った弟切草畑&古びた洋館を発見

D洋館に入り、ミイラ、甲冑、大きな水槽(大魚)を発見

Eミイラ発見後、停電。その後、黒電話を発見。しかし繋がらず。

F主人公が弟切草の花言葉を思い出す

Gあかずの間発見

Hおなかが空いて調理場へ

I女の悲鳴が聞こえ、毒グモOR植物にネバネバ液体をかけられる。

J体を洗うため洗面所へ向かい、お風呂に入る

Kシャワーが急に熱湯になりボイラー室へ

Lシャワーから出ると奈美が行方不明。その後2階の部屋で発見。2体の人形を発見

M奈美がナオミの存在に気づき始める

N双子の写真を発見。奈美が記憶を取り戻し、この洋館に住んでいたことを思い出す

O選択肢によって分岐するが、母の日記か、ナオミの日記を発見。
  (ここではナオミルートで進みます)
Pナオミに棺桶に入れられ火をつけられる

Qあかずの間へ〜奈美を助けたと思ったら、ナオミを助けてしまいバットエンド



こんな感じ。では、妹切草と比較してみましょう


@主人公と奈美がドライブ

弟切草



妹切草


夏という設定は同じですが、妹切草では主人公志貴、妹の秋葉(ここでは許嫁)、そして遠野のお手伝いさんの双子、琥珀さん、翡翠の4人で日帰り旅行の帰り道という設定。



A弟切草の発見、その伝説

弟切草



妹切草




弟切草では主人公がその伝説を奈美に聞かせてやるが、妹切草では琥珀さんが(妹切草の名前のみ)答えている。さすが博識。



B車の故障
ここはほぼ同じ。妹切草の方がパニックに陥ることなく停車してしまう。

妹切草




C森の中を歩き、一面に生い茂った弟切草畑&古びた洋館を発見

弟切草





妹切草




ここも見事に再現。弟切草と違うところは、琥珀さんがここで妹切草の伝説を語るところ。




D洋館に入り、ミイラ、甲冑、大きな水槽(大魚)を発見

弟切草



妹切草
どうやら、ミイラ、甲冑、大魚は登場しない様子



Eミイラ発見後、停電。その後、黒電話を発見。しかし繋がらず。

弟切草



妹切草




妹切草では琥珀さんが黒電話を発見する。繋がらないのも同じ。琥珀さんのナイスボケがイカスw
弟切草と違う点は、黒電話発見後に停電になること。



F主人公が弟切草の花言葉を思い出す

弟切草



妹切草






停電後、琥珀さんが姿を消す。そして妹切草の本当(?)の伝説を翡翠から聞かされることになる。そして花言葉・・・・ドラゴンボールのセリフみたいね・・・・



Gあかずの間の発見

妹切草

琥珀さんを手分けして探す。そしてあかずの間発見と、ほぼ忠実に再現(?)



Hおなかが空いて調理場へ

弟切草



妹切草


妹切草では調理場へ行く前に、琥珀さん捜索の際、露天風呂を発見している。琥珀さん発見後キッチンへ。
 しかしそこで猫の死体がなぜか出現、秋葉の頭上で破裂。秋葉は、血と内蔵まみれになってしまいます。



I女の悲鳴が聞こえ、毒グモOR植物にネバネバ液体をかけられる。

弟切草



妹切草
妹切草ではカットされてます。まあ、秋葉がキッチンで血まみれになってますんで、それで合わせたんでしょうね。



J体を洗うため洗面所へ向かい、お風呂に入る

弟切草





妹切草




妹切草では秋葉と一緒に入浴することが可能。やったぜ!さすがギャルゲー!
その後、悲鳴が聞こえ、ロビーに戻ると琥珀さんの惨殺死体が発見される。ここで秋葉の記憶が戻り始め、「姉の仕業だ!」などと語り始める。ほんと、唐突ですな。




K〜Nを飛ばして、
O選択肢によって分岐しますが、母の日記かナオミの日記を発見。Qも含む
一気に飛んでQのあかずの間へ到着。赤い髪の遠野秋歯なる人物の写真&日記帳を発見。奈美がこの洋館での記憶を取り戻す。

弟切草







妹切草







日記帳は見事にクリソツな感じに仕上がってます。弟切草のヤケドに対し、髪の色の違いで表現してます。うまいですね。



ここからは妹切草のストーリーで。

1、翡翠が壊れる。



2、翡翠に倒された後、棺桶に入れられ秋歯に火をつけられる



3、翡翠と共に脱出。秋葉は崩れさる館と共に消えていった・・・



4、脱出後、秋葉は二重人格だということが判明。全て翡翠の計画だったことが分かる。そのココロは・・









まあ結論は、弟切草、月姫プレイしている方ならばニヤニヤしっぱなしでプレイできます。バカネタなので普通に面白かったです。
シナリオもうまく弟切草に合わせてるなと関心しました。ぜひ今度は「かまいたちの夜」のパロディ作ってほしいですね。

このほかのストーリーは、まだメインストーリーの方が途中までしかいってないので未プレイのショートストーリーが残ってます。全部やってみたいな。

ここまで読んでいただいた皆様にサービス画像をw










ありがとうございましたw




この記事へのコメント
うーむ、噂には聞いておりましたが…結構類似点があるんですねぇ。
弟切草は結局(恐怖に耐え切れず)最後までプレイしていないので、結末に関してはちょっと解りませんが(苦笑)

>ぺったんこ
「それが良い」という意見も各所にあるような?(ぇ)w
Posted by じぇふ茶 at 2007年07月12日 02:43
お引越しですか!!

自分はゲームが出てきたり
なくなったりいろいろでした…

Posted by MEL at 2007年07月13日 14:58
このブログを何回か拝見
させていただいたのですが
やっぱりいいですね☆
いっぱい見ても全然飽きないです☆
私もがんばってブログをリニューアル
しました☆以前より200%パワーアップ
しました☆よかったらみてください☆
http://yasuoooooo.seesaa.net/
今コメントが少なくて寂しいです↓
もしよければコメントもほしいな☆(照)
これからも見ていきますね☆
Posted by えり at 2007年07月14日 06:17
>じぇふ茶さん
当時初めてサウンドノベル弟切草プレイしたときは怖かったですね。まあ恐怖以上にハマってしまったわけですが。
弟切草はPS版もプレイしましたが、SFC版の方がBGMは好きだったですw
Posted by ふうのしん at 2007年07月16日 14:25
Posted by 凛とした紳士 at 2014年11月02日 13:35
これもゲームボーイアドバンスに移植してくれればよかったのに。
Posted by 凛とした紳士 at 2014年11月02日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47531468

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。