にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2016年01月01日

いつの間にやら十周年(間近)。ゲーム動画投稿にチャレンジしてみたい(するではない)


あけましておめでとうございます。
今年は新年のご挨拶が遅れずにできました。


このブログを開設して10年経ってしまいました。
正確には2006年の10月から始めたので、まだ十周年ではないのですが。

振り返ってみると、ろくなこと書いてこなかったように思えますが、実際ろくなこと書いてませんでした(汗)。久しぶりに自分の記事をテキトウに読んでみたんですが、とてもシラフでは読んでられない(笑)。ここ数年ロクに更新してなかったのは、過去に私がプレイしてきたゲームの書きたいことをほぼ書き尽くした感があったこと、震災での生活環境の変化、それに伴ってのモチベーションの低下などにより筆が進まず放置しておりました(言い訳がましいですが)。



そんな感じだったのですが、せっかくの10年目だから、なんかやろうと思いました。そこでパっと思いつくのがゲーム動画でした。昨年はニコ動のゲーム実況動画ばかり観てまして、これが本当に面白い。よくゲームしながらあんなに喋れるよなあと感心します。有名なゲーム実況者さんは多数いらっしゃいますが、私はただてるさんとか、コジマ店員とか好きで何度も観てますね。



でも、ゲーム動画って、著作権的にヤバくない?



いやいや、アンタ、このブログで散々好き勝手にゲーム画像貼っつけてたじゃねーか!! 



ごもっとも。
でも、ゲーム画像の静止画くらいなら、メーカーさんも見逃してくれてたんですよね。
いちおう宣伝にもなってたと思うし(いいわけ)。もちろん、怒られたらすぐに消す体制で臨んでおりました。


でも、ゲーム動画だと全部がバレバレというか。キャラの動きも音楽もシステムも。
ちょっと怖かったので、「ゲーム動画 著作権」でググってみました。





















・・
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・




結論

よくわからない




なんか線引きが曖昧ですね。
絶対ダメってのもあれば、メーカーが実況者に依頼する公認実況パターンもありますし。最近のゲームでは、「ここまでは動画投稿してもいいですよ」とメーカーが定めている場合もあるようです。




調べた結果、なんとなく大丈夫なんじゃないかと思われるゲーム(たぶん)


・レトロゲーム(メーカーは黙認している(たぶん))
・シナリオが薄く、アクション性の高いゲーム(アクションゲーム、シューティングゲームのやりこみ動画など(たぶん))



ヤバイと思われるゲーム(たぶん)

・新作全般(たぶん)
・シナリオ重視のテキスト主体のゲーム(ノベル、ギャルゲー、アドベンチャーゲームなど(たぶん))





こんな感じなんでしょうか…。
これを見て思うのは、やはりゲームメーカーさんは利益を求めているということです。
レトロゲームは、いまさら動画投稿されても、ほぼ利益は無いと思われるので黙認しているのではないでしょうか。アクションやSTGは、シナリオよりも爽快感だとか、スコアアタックが熱いジャンルですので、何度もやり込めます。なので、メーカーとしては、動画を投稿してもらった方が宣伝になるので利があるように思えます。テキスト主体のゲームがNGってのはわかりますね。シナリオ重視で、ほぼゲーム性が無いわけですから。物語の核心部分をアップでもされたら視聴者は絶対買わないと思うので。







ゲーム動画、ゲーム実況動画は、すでに文化みたいになった節がありますが、メーカーさんにとって一長一短であると思います。ゲーム動画を人気のある実況者さんにやってもらえば、多くの人に観てもらえますし、動画を観て、



「これは面白しろそうだわ!! アマゾンでポチろう!!」



という方もいるでしょうけど、



「動画観たから買わなくていいや」



という方も当然いるわけです。私は後者よりです。
ゲーム動画をよく観る人って、「ゲームは好きだけど、プレイする時間が無い」って人が多いのではないでしょうか。それもふまえ、偏見かもしれませんが、ゲーム動画を観て満足してしまう人のほうが多いのではないかと。となると、メーカーさんにとってはデメリットのほうが大きいのかなあ…。






長くなってしまいました。
ゲーム動画をやるとしたら……当ブログの趣旨と同様、できるだけ誰もやっていないネタでやってみたいと思ってます。昔からゲーム雑誌読んでいる身としては、任天堂さんとコナミさんのゲームは怖いのでやらないかもしれません。コナミさんは権利問題に厳しい会社ですし、任天堂さんは怒らせたらマジでヤバイので。…まー動画検索するとたくさん出てくるんですがね(笑)。





おしまい






posted by ふうのしん at 16:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がんば

Posted by at 2016年01月07日 22:05
楽しみに待ってますよ。
Posted by 隠れファン at 2016年01月08日 18:20

コメントどもどもです。

無謀にもニコ動に上げてみたので、よろしければこちらでご確認下さいませ。あまり面白くないと思いますが(汗)

http://nesgbgg.seesaa.net/article/432541406.html

ではでは
Posted by ふうのしん at 2016年01月14日 14:41
コナミも任天堂もゲーム動画に厳しい印象はないな。アトラスや5pb.などのギャルゲーメーカー、スパイク・チュンソフトゲームの一部はすごくうるさい。
Posted by at 2017年03月22日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431969919

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。