にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2007年05月21日

第4回スーファミ萌えキャラ10選 超マイナーキャラ編


知る人ぞ知るマイナーソフトのキャラを抜粋。


@葵 嶺子(NAGE LIBRE)
Aまどもあぜる(美食戦隊薔薇野郎)
Bオリアス(タクティクスオウガ)
Cゆかり(雀獣学園2)
Dアリス(遊人のふりふりガールズ)
Eティンカー(ワンダープロジェクト)
Fルカ(妖怪バスタールカの大冒険)
G星野えみり(できたてハイスクール)
Hなつき(なつきクライシスバトル)
Iシルク(コットン100%)





葵 嶺子

Nage Libre より








登場人物のほぼすべてが女性。
ジャンルはシュミレーションRPGで、戦闘は前回紹介した「レッスルエンジェルス」のカードバトル方式である。






ナージュ・リーブルのストーリーは5人の女子高生が学校に行くと異世界へ召喚され、混乱状態のままゲームはスタート。ただし、ただのシュミレーションではない。行動順序がタイムスピードというゲージ形式(FFのアクティブタイムバトルとほぼ同じ)になっていて、ステータスの「反応値」が高いほど行動が早くなるというシステム。これによってシミュレーションゲームのお決まりのターンという概念は無く、スピーディかつスリルのある戦闘を楽しめる。


その他のシステムで面白いのは、


@ジョブ(所属クラブ)  
運動部や文化部など16種類。これによって能力も変動。面をクリアするごとにジョブは増える。



A服装(夏服、冬服、体操着、スクール水着、コート)
カードバトルでは、「着替えカード」なるものが存在し、使用すると赤いカーテンが降りてきて、着替えを始めるという恐るべきカード。


















などなど。
プレーヤーキャラだけでなく、敵キャラも着替えますので戦闘が面白くてたまらん(笑)。着替え効果も、容姿の変化だけではなく、薄着になればなるほど反応値と攻撃力が高くなるが、防御力が低下する。



他の3人を紹介


桜井 綾香



不良系のキャラで、攻撃力は高いんですが防御&HPが低いのでトドメ役ってとこ。スパロボでいえばゲッターみたいな。



姫ノ木 舞



ロリキャラ。能力は5人の中で1番反応値が高いので最初に行動可能。攻撃力は上記した3人には劣る。



静本 美姫



メガネキャラで、5人の中で1番防御力がある。っが、攻撃力が低いのであまり使えない。


機会あったら購入をすすめる。
妙にテンションが上がるゲームだ(笑)。





まどもあぜる

美食戦隊薔薇野郎より










ソフトのタイトルが「美食戦隊薔薇野郎」。この名前だけでゲームのジャンルを当てることは、ラピュタの古代文字を解読するよりも困難だと思われる。



実際プレイしてみると結構面白い。
グラフィックは綺麗だし、キャラの操作性もいい。
オーソドックスなベルトスクロールアクションゲーム。



ストーリー的にはシリアスな感じだが、いろいろなとこでバカな設定になっている。なぜ「美食戦隊」なんだろうか?ストーリーにまったく関係ないのだが・・・。改造手術を受けたことによって大量のカロリーを消費する為、美味しいものが必要とかなら話はわかるが。それは以下のようにグルメシステムというのがあるかららしい。



「グルメシステム」



面クリアごとに戦闘中に得た食材を2つ組み合わせて料理を作り、その料理によって体力回復量が変わるというシステム。「ディナ〜タ〜イム」という声がイカス。

ぎゅうにく+こめ=ぎゅうどん=ライフ+71
こめ+アイス=アイスクリームどん=ライフ-57、
きのこ+きのこ=どくきのこ=ライフ-999

料理のバライティーはいろいろあり、バカですが楽しめるシステムである。



敵キャラ




濃い。超兄貴っぽい。





完全に超兄貴じゃん!





こんなのとか。敵キャラの名前「ヨダレ」って・・・






容貌はもちろんのこと、勝手に自爆するキャラや、どうやったらこんな奴思いつくの?っと、感嘆の言葉すらもれてしまう始末。そう考えるとまともな敵キャラはほとんどいないということになり、この奇妙な世界は超兄貴の世界と類似しているという結論に達した。

3人のプレーヤーキャラも同様で、意味不明なのが「ポージングシステム」。ボタンを押すことによりポーズをとることができ、ご丁寧に十字キーとの組み合わせでポーズを変えてくれる。





・・・つい最近PS2だかで「ジョジョ」の第一部のゲームが出てたな・・あれもポージングシステムあったよなあ。





オリアス

タクティクスオウガより



屍術士ニバスの娘で職業はプリースト。
たぶん、タクティクスオウガでは進むプレーヤーが1番少ないと思われるニュートラルルートでのみ仲間になる。画像を見るかぎり、幸薄い感じ(笑)。兄のデボルドまでもを実験の対象にした父二バスに復讐を誓うカルマ深き人物。



その場面































個人的にはもっとオリアスのイベントを用意してほしかった。


ちなみに、ニバスは超難関のやりこみの館の「死者の宮殿」の地下100階の最深部にいる。死者の宮殿はセーブができないので10時間近くかかる。


死者の宮殿最下層でのニバスとの会話

人間をやめて不死を手に入れた「リッチ」ニバス。













ニバスを撃破!










ティンカー

ワンダープロジェクトより






プレーヤーは妖精のような姿のロボット・ティンカーを操作して動き出したばかりのピーノに何かの道具を提示し、行動を見てその使い方が正しい、正しくないで指示し、覚えさせる(例えば、ピーノが飲み込んではいけない物を飲み込んだ場合は殴るなど)。そして本番、イベントにてピーノに教え込んだ技術・能力を発揮さる。この繰り返しで、ピーノを成長させるのが基本。

ティンカーは最初見ただけで気に入ったキャラ。続編ではティンカーの人工知能がジョゼットに使われているらしい。






ゆかり

雀獣学園2より








前作にも登場したゆかりが好き。色っぽいしグラマー。
ゆかりの雀荘で技を鍛えることが可能。















アリス

遊人のふりふりガールズより








戦闘はジャンケンという安易な設定。






天使(先生?)



ゲームシステム的にはボードゲームのドカポンに萌え要素をプラスしたような作り。サイコロふって進めていき、カギを持っている敵キャラを倒してゴールした人の優勝。そんな感じ。








ルカ

妖怪バスター ルカの大冒険より








ゲーム雑誌マル勝のキャラ「ルカ」が主人公のアクションゲーム。




ルカは「エンマ様の首」と呼ばれるアイテムを持っていて、アイテムやスイカ、敵を吸い寄せて捕まえ、それを発射して攻撃することができ、遠くのものも引き寄せて取ることも出来る。また、エンマ様の首を使って壁に吸いつくことも可能。これによって壁を昇ったり、天井にぶら下がったり、しゃがんだまま壁に吸いついて天井が低い所をくぐり抜けたりなど様々なアクションが可能でよくできてる。












えみり

できたてハイスクール より






ゲーム内容は卒業+シムシティと言うべき内容。
ゲーム開始時に5名(ある条件を満たすとさらに1名追加)の女生徒から1名を選び、入学から卒業までの3年間を指導していく。パラメータの上昇は授業の成否によって変化し、授業を成功させる為には学校を増改築して設備を充実させていかなければならない。途中、林間学校や体育祭のミニゲームが入る。いずれもボタンを連打してゴールを目指し、規定時間内にゴールすればパラメータが上昇。この様なキャラの育成要素もあることから「プリンセスメーカー」といってもいい。










なつき

なつきクライシスバトルより







連載されていた「なつきクライシス」を2D格闘ゲームとして発売した作品。システム的にはダッシュがあったり、ガードアタック(相手の攻撃を防ぎながら攻撃できる、我狼伝説の避け攻撃みたいなもの)ができたりと斬新な部分もあった。



また、通常技を組み合わせて連続技を作れる「エディット」システムなるものが存在し、自分の好きなように組み合わせることができるのにも、いかにもコンシューマ的なシステムだなあと思った。技が少ないため、それほど組み合わせないのが残念。





シルク

コットン100%より




当時はSFチックなSTGが多い中、ファンタジー&萌えを全面に押し出して人気を得た作品。シルクは結構計算高い(もっともコットンがバカ過ぎるのだが・・・)ので好きだった。

















以上。おしまい〜
posted by ふうのしん at 10:03 | Comment(13) | TrackBack(4) | 萌えキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回もまたかなりコアなチョイスですな…

引越しの方が落ち着けば
自分もなんかやりたいですな〜
Posted by MEL at 2007年05月21日 12:41
コットンしか知らなかった未熟者です。
まだまだ修行が足らないようなので、出直してきます。
さぁ、明日から部屋にこもって特訓だ!(笑)
Posted by sergeant at 2007年05月21日 22:36
>MELさん
いつもお早いコメントいただきまして恐縮の極みでございますw
私もまだ先の話なのですが8月に引っ越し予定なもので少しずつ部屋をかたずけてるとこですね。ほんと、半年くらいなんにもしないでゲームやりたいですなあ・・・学生時代が懐かしい・・・
Posted by ふうのしん at 2007年05月22日 07:16
>sergeantさん
知名度低いソフトばかりなので、難しいですよね・・・私も知っているように書いてますが、大体は学生時代からのゲーム仲間からソフト借りたり情報もらったりして書いてますw
最近ほんと忙しくてうつ病っぽく感じたり・・・
何にも考えないで引きこもってゲームやりたいっすねえ・・・
Posted by ふうのしん at 2007年05月22日 07:22
ピンときたのはACEHIくらいかな……やったことあるのはワンダープロジェクトだけだけど。

Posted by 道端 at 2007年05月22日 12:48
たしか薔薇野郎は超兄貴のスタッフさんが作ったって話を聞いたような?
バカゲー関連の本に書いてあった記憶があります。
Posted by おさふね at 2007年05月22日 22:19
ティンカー、懐かしいっスw
小学生の頃、このゲームはやり込んでおりましたなあ…何時かDSあたりでリメイクが出て欲しい作品ですね。

>オリアス
個性的な女性が多い本作では、かなり控え目な位置に落ち着いてしまいますねぇ(苦笑)
Posted by じぇふ茶 at 2007年05月24日 00:47
>道端さん
ワンダープロジェクトは変わったゲームですがハマりますよね。ニンテンドー64の続編はやってないんですけど面白いのでしょうかね?
Posted by ふうのしん at 2007年05月24日 08:02
>おさふねさん
そうだったのですか・・・どうりで・・・
情報ありがとうございますw
薔薇野郎はゲーム自体は面白いのでリメイクでもなんでもいいんでだしてほしいですなあ・・・まあ無理だろうけど。
Posted by ふうのしん at 2007年05月24日 08:05
>じぇふ茶さん
ティンカーいいですよね。ラブリーですwワンダープロジェクトは64のやつ以降続編は見てないんですけどもう無理でしょうかね・・・ひそかに期待している自分がいます。
オリアスはこの中だと逆に浮いてしまっているのが可哀想(笑)。1番まともなのに・・・登場させる個所を誤ったかも(笑)
Posted by ふうのしん at 2007年05月24日 08:09
ワンダープロジェクトとか
ありましたね〜。

ほとんどわかんなかった・・・
ファミコンブログ運営失格ですね・・w
Posted by ファミスキ at 2007年05月24日 22:50
>ファミスキさん
今回のはちょっとマニアックすぎました・・・わかんなくて普通ですね。次回からは知名度が高いやつをチョイスしようと思います・・・
Posted by ふうのしん at 2007年06月03日 05:33
ヴァージンインタラクティブは海外の大手ですよ(といっても、現在はアレですが・・)。
和ゲーオンリーのゲーマーさんには馴染み薄いのかも知れませんが、洋ゲー好きなら知らない人はまずいないと思います。
Posted by at 2007年07月06日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42412736

この記事へのトラックバック

水着通販-南の島の水着屋さん
Excerpt: 水着は毎年トレンドが変わってしまうので、今年のトレンドを勉強してました。デパートで店員さんに聞いたのですが今...
Weblog: 水着通販-南の島の水着屋さん
Tracked: 2007-05-21 15:17

ガスがん
Excerpt: ガスがん(ガスガン)は、サバイバルゲームなどに使用されマニアが増えています
Weblog: ガスがん
Tracked: 2007-05-21 17:38

朝目
Excerpt: 朝目が話題に上ります。それは充血でしょうか、それとも新聞、マンガ、面白画像?
Weblog: 朝目
Tracked: 2007-05-21 22:57

ニバス君の成長日記 Lルート 〜ニバスの最期、進軍経路の分析
Excerpt: 死者の宮殿 B4F ニバス戦 主人公の神龍騎士団のニバス君は同キャラフリーズ防止対策で休憩ですが、楽しみにしていた一戦です。 すごいでしょう、神龍騎士団が作る鉄壁。あっ、レオナール、アンデッドなのにデ..
Weblog: 投資一族のブログ
Tracked: 2013-02-22 21:11
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。