にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2007年05月15日

第3回スーファミ萌えキャラ10選 格闘女王戦

第3回スーファミ萌えキャラ10選 格闘女王編

なんだかんだでSFC萌えキャラ選抜も3回目。
今回は格闘ゲームに登場するものの中から選出。

@フィレア(バトルブレイズ)
Aベンテン(超兄貴 爆烈乱闘篇)
Bハーマン(バトルタイクーン)
Cマキ(ファイナルファイト2)
D琴乃(デッドダンス)
E波無寿(バトルZEQUR伝)
Fアルティア(バトルマスター)
Gセーラーマーキュリー(セーラムーンスーパーS)
Hマイティ祐希子(スーパーレッスルエンジェルス)
I春麗(スーパーストリートファイター2)



@フィレア

バトルブレイズより






バトルブレイズの発売元はサミー。このメーカー、最近ではギルティギアの製作に関わっていた会社。ゲーム画面が今見るととても古臭い印象。メガドラの洋ゲーみたいなグラフィック。つーか実際洋ゲーからの移植?


電源を入れると、いかにも洋ゲーに登場しそうな剣を持った筋肉質の裸体のオッサンがこちらを睨みつけてくる。





背景には炎が揺らめき、闘争心むきだしで今にも襲いかかってきそうな勢い。いかん、ヤツには気をつけねば。持っている剣はエクスカリバーなのである。名前は、、、アーサー王ではないようだ。ファウドという名前らしい。

ちょっと前にフェイトステイトナイトをプレイしていたので、もしフェイトでこのオッサンがセイバー(アーサー王)だったらTYPE-MOON訴えてるねマジで。


しかし!!!ストーリーモードではこの主人公(?)のファウドしか使えないという衝撃の事実が判明。残念。


さてこのゲームに登場する唯一の女性キャラ。フィレア。
露出度の高い服とナイフを両手に持ったなかなかナイスなキャラである。全キャラ北斗の拳みたいな劇画調のグラフィックなのはご愛嬌か。



この娘の代名詞とも言える必殺技「フェアリーダンス」


コマンド フェアリーダンス 上+Y



どんな技かというと、投げ技扱いになっており、相手の片足にまたがりナイフを相手の胸に3回突き刺すというなかなかイカした技だ。





この技、CPUがよく使ってくる。ボタンレスポンスが悪く、思ったように動かしにくい点と起き上がりに投げを重ねられると逃げられない点。以上の点から起き上がりハメ技地獄からは抜け出せないという最狂の技。






Aベンテン

超兄貴 爆烈乱闘篇より





マッチョな兄貴達が多数登場するゲーム。オープニングからして怪しさ爆発(キャラが濃いとかその程度のレベルではない)。各ステージのデザインもかなりキテいる。羽と触覚の生えたマッチョな妖精(?)がいたり、マッチョな電車が走ってたり、マッチョな建造物があったり。ある意味アート。








キャラクターは常に空中に浮かんでいてジャンプなどのアクションが無く、8方向に自由に移動可能。システム的には、ピストンゲージなるものが存在し、これが無くなると、悶絶状態(ピヨリ状態のこと。相変わらず濃い)になってしまう。連続攻撃や必殺技使用時、ダッシュ時などに消費するようである。ピストンゲージはすばやく腰を動かすことでゲージは回復。





・・・ここまで濃いとある意味メサイアの美学を感じる。




ベンテンはこれまたケツプリ感が最高である。






このゲームには相応しくない可愛らしい天使が2体ベンテンの周りを飛行しているが、いざ攻撃モーションに入ると








この様にマッチョ化。恐ろしい・・・






話は全然関係なが、前回紹介したパネポン、超兄貴のキャラでやったら必ず売れると思う。連鎖を発動するとマッチョなオッサンが腹筋や腕立て、スクワット始めるとか(笑)。



試しにパネポン1と超兄貴をコラボしてみた










Bハーマン








バトルタイクーンは1995年発売の格闘ゲーム。何気にRPG要素が入っている。1993年にPCエンジンで発売されたフラッシュハイターズの続編。剣と魔法の世界に古代の遺産として科学技術も存在してるファンタジー世界で、バトルタイクーンなる、簡単に言えばドラゴンボールの天下一武闘会に参加するみたいな話である。






それぞれ得意な間合が違ったり、種族によってスライディングや3角跳びなど使えたりする。










Cマキ







本名は源柳斉 真紀(げんりゅうさい まき)。
前作でハガー、コーディー、ガイたちによって壊滅させられた犯罪組織マッドギアの残党により誘拐された姉の源柳斉麗奈(レナ)を救うべくマッドギアに立ち向かう。年齢は20歳。父はガイの忍術の師匠であり、姉のレナはガイの婚約者。










D琴乃






ジャレコの作品。ストーリーは、200X年、全世界を巻き込んだ戦争が起こり世界は壊滅的なダメージを受ける。戦争後の世界は法や秩序、人の心など意味の無い弱肉強食の時代になっていく。そこに格闘神と名乗る男が現れ、地上を恐怖で支配していく。で、その格闘神の住んでる死の搭に格闘神を倒すため、4人の主人公が集まってくるという話。まさに北斗の拳そのまんまって感じ。


ストーリーモードで選べるキャラクターは翔、ザジ、琴乃、ヴォルツの4人。ステージ前にタイトルが入ったり、1ラウンド毎の対戦前に会話シーンが入ったりと北斗の拳の影響受けまくり。



ラスボスのジャドー。ラオウやね





クリア時






非常に淡泊。結構マッチョ・・・






E波無寿(ハムス)








3人の少女が世界の崩壊を防ぐために原因の山に向かうというストーリー。全体に中国風な雰囲気が漂う。全6面構成で、横スクロールアクションゲーム。




しかし敵に体力ゲージなどがあり、ファイナルファイトなどのベルトスクロ−ルの奥行きがないと言えば分かりやすいだろうか。
流風(ルフウ)、波無寿(ハムス)、河意留(カイル)の3人の女の子から1人を選ぶ。キャラクターデザインは竹井正樹氏。同級生とか書いた人らしい。






Fアルティア






もはや伝説的な存在の格闘ゲームのバトルマスター。
1993年作品にして、ガードキャンセル、投げ受け身、必殺技キャンセルなどの要素を備えた2D対戦格闘ゲーム。各キャラに永久コンボがあったりと調整不足を感じる。しかしそれを差し引いても完成度の高い格ゲーだと思う。キャラの動き、打撃をあてた時の効果音もいい感じ。


クリア時








Gセーラーマーキュリー





正直、セーラームーンのストーリーまったく知らない。友人の妹が持っていたソフトで、そのまま借りていて眠っていた埋もれた財宝を発見。ファインドアウト!!・・・今度遊びに行ったときに返そう・・・

かなりヘボいがいろいろ喋る。
ガードキャンセルが可能だったり、投げ抜けがあったり、連続技も結構爽快感がある。トレーニングモードがあり、その中で技の確認ができるのは好感がもてた。









Hマイティ祐希子





スーパーレッスルエンジェルス・・・とまぁとりあえず・・・もともとはPCのギャルゲーで、負けたら脱ぐ「水着剥ぎデスマッチ」などがあった。もちろん、SFC版には脱衣などないが。このゲームは女子プロレスの格闘ゲーム(格闘といってもカードバトルだが)。ファミコンの「ドラゴンボール2神龍の謎」以降のドラゴンボールのカードバトルと思ってもらっていい。


ストレッチプラム




スリーパーホールド





ドロップキック




コブラツイスト




フライング二ールキック





ジャーマンスープレックスホールド








I春麗

・・・・一応礼儀として入れといた。
よくこんなことして遊んだのは私だけだろうか?






おしまい

posted by ふうのしん at 06:57 | Comment(12) | TrackBack(0) | 萌えキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
兄貴系は続編がグダグダで
評価を落としてるイメージですが
キッチリリメイクしたら
そこそこ出ると思うんですが…
もう下請けとか無いのかな???
Posted by MEL at 2007年05月15日 13:53
元「モーニング娘。」のメンバー・加護亜依(19)の今後の情報が
じょじょに伝わってきた。
何と加護ちゃん「ヘアヌード写真集」が確実な状況だという。
http://s1.muryo-de.etowns.net/~rogosu99/kago01.html
いま彼女には復活をかけた
大型企画が上がっているのも事実。
彼女をヘアヌードにして再生させようという考えです。
彼女はかつてバスト90センチ以上あった巨乳。ヌードビジュアルの評価が高い。
写真集での復活がもっとも話題性があり、1番の早道
http://s1.muryo-de.etowns.net/~rogosu99/kago01.html
Posted by 加護亜依 ついにヘアヌード決定!? at 2007年05月16日 17:17
元「モーニング娘。」のメンバー・加護亜依(19)の今後の情報が
じょじょに伝わってきた。
何と加護ちゃん「ヘアヌード写真集」が確実な状況だという。
http://s1.muryo-de.etowns.net/~rogosu99/kago01.html
いま彼女には復活をかけた
大型企画が上がっているのも事実。
彼女をヘアヌードにして再生させようという考えです。
彼女はかつてバスト90センチ以上あった巨乳。ヌードビジュアルの評価が高い。
写真集での復活がもっとも話題性があり、1番の早道
http://s1.muryo-de.etowns.net/~rogosu99/kago01.html
Posted by 加護亜依 ついにヘアヌード決定!? at 2007年05月16日 17:17
大食いタレントのギャル曽根(21)が9日、日本テレビの情報番組「ラジかるッ」(前9・55)で、杉浦太陽(26)と“できちゃった婚”をする辻希美(19)らと結成したユニット「ギャルル」の今後について語った。4月24日に時東ぁみ(19)との3人組でスタートしたばかりで「(これから)どうしましょう」と戸惑いの表情を見せた。それでも活動は続けていく方針で「歌も踊りも楽しくなってきたところなので頑張りたい。応援してください」と意欲を見せた。最後は「(辻とは)まだお話してないんですけど、おめでとうございます」と祝福した。

そんな中、いや少し前ですが
ギャル曽根ちゃんのニャンニャン動画が流出しました。
http://s1.muryo-de.etowns.net/~tltlr1111/galsone01.html
Posted by ギャル曽根ちゃん プライベートSE×画像が流出! at 2007年05月16日 17:18
やはり「格闘ゲーム」という性格上、ある意味濃いキャラが多いですなぁ。
でも、それは仕方の無いことなのか(笑)

>フェイト
それはそれで人気が出てしまうかも?(ぇ)w
Posted by じぇふ茶 at 2007年05月17日 02:03
現在、レッスルエンジェルスはプロレス団体経営ゲームとしてリメイクされ、PS2や携帯アプリなどで遊ぶことができますよ。
Posted by Sin at 2007年05月17日 02:17
やっぱり萌えキャラは燃えますね、マッチョとの対比でさらに萌え度アップですよ。
ボリュームたっぷりなので記事を書くほうは大変でしょうけど、次も期待してま〜す。
Posted by sergeant at 2007年05月17日 23:37
>MELさん
超兄貴は出るとしたらやはりリメイク作品になるんでしょうかね。
開発会社が存在しているのか気になりますね・・・
Posted by ふうのしん at 2007年05月24日 08:14
>じぇふ茶さん
確かにフェイトで萌えキャラじゃなく、あんな濃いオッサン連中だけで構成されていたら、その筋の人にはたまらない逸品に化ける可能性はあります(笑)。

そういえばそういうゲームのジャンルはまだ確立されてないっぽいですよね。ジャンルとしたらどう呼ぶんでしょうか。ホモゲーとかになるんだろうか・・・
Posted by ふうのしん at 2007年05月24日 08:18
>Sinさん
情報ありがとうございます!
いまや携帯でレッスルエンジェルスの時代ですか・・・変わりましたなあ・・・
PS2にも出ていたとは・・・こんど探してみますね(本体持ってないけど・・・)
Posted by ふうのしん at 2007年05月24日 08:20
>sergeantさん
いかにゲームが面白くなくても、萌えキャラでその分補えば面白く感じるんですよね。やはりキャラクターってのは大事なんだとあらためて実感。
記事は小出しにすればいいのかもしれませんが、個人的にドバっと出すのが好きなもので・・・確かに疲れるんですが、少しでも時代の波に消えていった萌えゲーを知らない人に伝えられればと。頑張ってみますw
Posted by ふうのしん at 2007年05月24日 08:26
今晩はふうのしんさん
蘭丸ちゃんはどうしたんですか!?
Posted by 名無しさん at 2011年03月20日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41837051

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。