にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2010年07月01日

いまさらファミスタとパワプロを比較してみた


ファミスタとパワプロについてのお話。
野球ゲームは、数えきれないほどの作品が登場したけど、今回はファミスタとパワプロにしぼって考えていくので、そこんとこよろしく。
 知ってのとおり、私はネタごとに、3種類のキャラを使い分けているんだけど、今回は、ちと真面目に書くので、素のキャラで語っていこうと思う。ブログやる人は、キャラを統一しないとダメなんだけどねホントは。


さて、みんな知っていることだけど、野球ゲームの元祖といえば、ファミコンでは任天堂の「ベースボール」。視点は、野球中継とは逆の「打者視点」。守備はコンピューターが移動させているけど、野球ゲームのシステムを確立した作品。






んで、ナムコから登場した「プロ野球ファミリースタジアム」。
ベースボールにはなかった選手の名前、打率、本塁打数、走力、防御力など、能力値を細分化することで、選手の個性を引きだすことに成功(ちなみに、ベースボールは、みな同じ能力だった)。










野球ゲームの打撃画面は、大きく2つに分類される。


1、打者視点
2、投手視点








ファミスタ(打者視点)




利点

打者を操作しやすい
投手もそんなに違和感なく操作できる


欠点

ボールの高低差を表現しにくい





燃えプロ(投手視点)




利点

投手側は、操作しやすい&臨場感がある
ボールの高低差を表現できる


欠点

遠近感がつかみにくい
打者を操作しにくい



少し前に書いた「横スクロールSTGが左から右へスクロールする理由」の記事の「カプコン理論」により、やはり操作するキャラは画面手前にいたほうが一体感がある。

つまり理想は、



「打者を操るときは打者視点、投手を操るときは投手視点」



ということになる。
これを実現していたのが「究極ハリキリスタジアム」だった。
投手視点、打者視点が切り替わる。






ただし、対戦プレイ時は、もちろん適用されない。
「投手側は投手視点、打者側は打者視点」で、対戦プレイするとした場合、これらの作品だと、スクリーンを2台用意して、通信対戦でプレイするという方法しかないような気がする。







そんななか登場したのが「パワプロ」。





パワプロの1番すごいところは、



「1画面で打者視点、投手視点を表現している」



ところ。




画像のように、打者を操作する人は、「打者視点」になっているので問題ない。そして、投手側の人は、画面上部の「キャッチャーミット」を見ることで、燃えプロのような「投手視点」でプレイすることができる。つまり、「打者視点」、「投手視点」が画面分割されているわけ。




さらにすごいのは、これに「ミートカーソル」システムを導入していること。野球ゲームでもっとも重要なところは、



「打撃画面で投手が投げるボールの高低さをどう表現するか」



これにつきる。
左右の変化球は、さほど問題じゃない。
そう考えると、ファミスタは「デジタル野球」、パワプロは「アナログ野球」なんだよなあと。


たとえば、ファミスタで投手が投げるボールの高低の表現は、


「落ちるか落ちないか」


これだけ。1か0か。
2進数、つまりデジタル。
落ちるボールは絶対に打てない。
これに対し、パワプロは、



「下方向、斜め下方向への変化球の表現が可能」


なわけ。
これは、「投手視点」の燃えプロでもそうだったけど、燃えプロの場合、ミートポイントがかなりいい加減だった。
これに対しパワプロは、「投手視点」のキャッチャーミットで擬似3Dを表現し、ミートカーソルシステムによって、バットコントロールが燃えプロ以上にアナログ操作できる。



ファミスタ+燃えプロ+コナミオリジナルシステム=パワプロ



本当に、このパワプロのシステム考えた人は天才。
だって、この完成されたシステムのおかげで、これ以上、野球ゲーム
進化のしようがないんだから。考案者は誰なんだろう?
教えてコナミさん。




・・・っと、パワプロを褒めまくったけど、ひとつだけ問題点も挙げておこう。それはミートカーソルシステム。記述したように、とても優れたシステムだけど、打撃の難易度が上がってしまったことは間違いない。パワプロをやりこんでいる人に初心者が挑んだ場合、まず100%勝てない。それに、へたくそな人は、なかなかホームランが打てない(強振カーソルが小さいため)。


ファミスタは、玄人と素人の差がそれほど顕著に表れない。
前述したように、バットコントロールがパワプロに比べ、単純にできているから。



野球ゲームをマニアックにやりこみたい人はパワプロ
野球ゲームを息抜きに楽しみたい人はファミスタ




ってところかな。
あなたはどっち派?
ちなみに、私はファミスタ派(理由:ヘタだから)
だけど、パワプロのサクセスモードは大好き。



おしまい



関連


横スクロールSTGが左から右へスクロールする理由
http://nesgbgg.seesaa.net/article/150260347.html


いまさらビアンカとフローラを比較してみた
http://nesgbgg.seesaa.net/article/102711515.html

posted by ふうのしん at 10:56 | Comment(15) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうして比較すると、やはりパワプロは野球ゲームの一つの完成形と言っても良さそうですね。
今でこそ変化球の数が増えたり、サクセスモードの内容(ストーリー&キャラクター含む)も充実しているけれど、システム自体はSFCの1からもう確立されていたからなあ…ほんとに考案者の人は凄いと言わざるを得ないw


>玄人と素人の差
小学生の時、友人に90点以上の差を付けられて負けたことがあります…変化球を強振で当てるのは素人には無謀でした(苦笑)
Posted by じぇふ茶 at 2010年07月02日 00:25
毎回楽しく閲覧しています。
次回はサッカーゲームを希望しまふ。
Posted by 一丸 at 2010年07月02日 18:01
個人的にはやっぱりファミスタですかね(´・ω・`)

パワプロは完成度の高さはわかるのですが
ホントに打率3割切るので爽快感は無いですね(;^ω^)
Posted by おのじ at 2010年07月02日 21:56
たまには「大甲子園」も思い出してあげてください。
Posted by そふ at 2010年07月06日 10:18
コナミの「生中継68K」と言うパソコンゲームがあってだな・・・
Posted by at 2010年07月06日 16:24
はじめまして、レトロゲーム好きのドラゴンブレイドです。


自分はもちろんファミスタ派です。

中学生の頃、パワプロしかやったことない野球バカにファミスタやらしたら、「こんなん野球じゃない!」とか言われました。

あと自分はセガのグレイテストナインも大好きです。
Posted by ドラゴンブレイド at 2010年07月07日 01:25
完成度の高さではパワプロなんでしょうけど
ファミスタには
ゲームとしての楽しさがあったかなあ…
個人的には89あたりが好きでした
86あたりは地味すぎで90あたりは
球の軌道変わったりごちゃごちゃしすぎで…
Posted by MEL at 2010年07月07日 21:38

管理人様

ファミコン天国というサイトを運営しているものです。

相互リンクをさせていただけないかと思い、
ご連絡を差し上げております。

当サイトからのリンクは完了しております。

サイト名:ファミコン天国
http://lovelove.typepad.jp/famicom/

なにとぞ、リンクいただけたらと思います。
それでは、よろしくお願いします。
Posted by ファミコン天国 at 2010年07月10日 22:23
「打者視点」はカセットビジョンとか
野球ゲーム専用のゲーム機(名前忘れた)からで、当時から当たり前の仕様。

あとコナミの
「がんばれペナントレース」とか
「エキサイティングベースボール」も取り上げず、
いきなりパワプロを紹介するのはどうかと思う。
Posted by   at 2010年07月11日 13:18
ミートカーソルは結局、ただの照準あわせで、バッティングの感覚が希薄。
さらに、カーソルがストライクゾーンにしか移動せず、移動スピードも速いので、ゾーンぎりぎりのボールの方が打ちやすかったりする(キー入れっぱなしでスイングすればいいから)
 
リリースの瞬間のボールの軌道から瞬時にストライク・ボールを判断し、移動しながら打つ(当然、ゾーンぎりぎりが打ちづらい)ファミスタのほうが、野球の感覚をうまくディフォルメしてゲーム化していると思う
Posted by at 2010年07月25日 09:20
現実の野球中継もファミスタ視点の方がおもしろい。
ピッチャー視点だと玉の速度や落差、揺れといったものが削がれる。
Posted by えるじ at 2010年08月15日 19:30
忘れていますね!
一番完成度の高い野球ゲームはプロ野球スピリットです。
同じコナミなので、パワプロが礎となっているのですが、プロスピの完成度は素晴らしい。

映像がリアルなだけではなく、パワプロの悪い所を見事にプラスに変えています。
Posted by at 2010年08月28日 04:32
「ベストプレープロ野球」はご存知ですか?

製作者がファミコンで満足しちゃったみたいだけど。
Posted by at 2012年02月26日 06:50
こうして比較すると、やはりパワプロは野球ゲームの一つの完成形と言っても良さそうですね。
今でこそ変化球の数が増えたり、サクセスモードの内容(ストーリー&キャラクター含む)も充実しているけれど、システム自体はSFCの1からもう確立されていたからなあ…ほんとに考案者の人は凄いと言わざるを得ないw
新一粒神:http://www.okkanpo.com/Product/444.html
絶對高潮:http://www.okkanpo.com/Product/245.html
花痴:http://www.okkanpo.com/Product/116.html
Posted by 花痴 at 2012年09月13日 16:51
Posted by 媚薬通販 at 2014年10月24日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155033978

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。