にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2009年12月13日

逆ファミ通クロスレビュー

2004年ゲーム批評VOL.54より








ゲームメーカーへ質問


1、作品に点数をつけられて評価される、またはそれにより他のタイトルと比較されることについて


A社の回答
数千円という自腹を切っているか否か、プレイに没頭できるほどの時間があるのか否か、嗜好性が強いジャンルに出る好き嫌いなど、あまりにユーザーとレビュアーのギャップが大きく、そこが問題だと思います。


B社の回答
発売前のゲームを評価し、掲載するというのは、購入者に対してひとつの情報を与えているわけですから、非常に大切なものだと思っています。その方法として1番わかりやすいのが「点数化」ですから、仕方がないことだと思います。それに伴う間接的な「比較」が起こるのも自然だと思います。問題になるとすれば、レビュアーの質ではないでしょうか?


C社の回答
個人的には別に良いと思います。あくまでクロスレビューはその人個人の感想です。重要なのは「では実際あなたがプレイしてみてどうだったか」だと思ってます。ただクロスレビューがなんらかの権威を持ちすぎたりするのは危険だと思います。日本人は権威ある、もしくはカリスマ性のある人、大多数の意見に従いやすいので、実際にプレイもしてないのにクロスレビューでの結果を鵜呑みにして、ユーザーがプレイする機会が減ってしまうような現象が起こると、それは悲しいことだと思います。





2、ゲーム誌から取材を受ける際、重要視しているものは?


A社の回答
表紙が獲得できるかどうかが1番です。



B社の回答
取材を受ける際に重要視しているものはありません。基本のスタンスは「来た依頼は全て受ける」ですから(笑)。ただ、媒体によってはお断りしている場合もあります。エロ系雑誌など。


C社の回答
プロモーションにお金がかけられないタイトルもゲーム内容に誤りがないよう、ボリューム的にもしっかりと紹介してもらうことに重点を置いています。開発者が皆に楽しんでもらうために作りあげたものですから。少しでも多くの方にプレイしていただきたいですし、そのためにはしっかりと紹介してほしいですから。





3、ゲーム雑誌の良い点、悪い点は?


A社の回答
良い点ばかりだと思います。


B社の回答

良い点
新作を出す際のユーザーへの告知には必要不可欠。ユーザーへ情報提供をしてあげられるという点。

悪い点
競合誌同士の情報出しについて。もっと業界自体みんなで盛り上げる姿勢があってしかるべき。あとはもうその担当次第ということだと思います。そういう意味において「あたり」「はずれ」があるかもしれませんね。




C社の回答

良い点
ゲームを紹介してもらうには最適な媒体であること


悪い点
タイトル紹介のマンネリ化、カタログ化。一般誌よりゲーム誌のほうが「売れそうにないタイトル」に対する紹介ボリュームの増減が躊躇。ゲーム誌編集者の質の低下。










ゲームラボ1998年11月号より


当時のファミ通編集者レビュー。本当のこともあるが、ネタっぽい。
どうせなら東府屋ファミ坊、水野店長などの第一世代からやってほしかったところ。

























昔、クロスレビューについては書いたし、散々議論されてきた。
スカトール25世の言っているように、たしかに昔のレビュアーは個性的だった。当時のようにもうちっと主観が入ってもいい・・・とずっと思っていたが、逆に考えれば、ゲームソフトの質が全体的に向上したからレビューが没個性化したとも思える。クロスレビューは無ければ無いで寂しいので、現状維持でいいんじゃない?と思う今日この頃。



おしまい



関連

ファミ通クロスレビューの対談について
http://nesgbgg.seesaa.net/article/95509705.html





posted by ふうのしん at 11:21 | Comment(5) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロスレビューも最近は大人の事情かスポンサーの威光かは謎ですが、
仰る通り個性的な意見は無いですね(;^ω^)

昔みたいに誰かが8点付けてる時に他の人は4点とかあったほうが
リアリティあって面白いと思いますけどね。
Posted by おのじ at 2009年12月13日 21:05
ファミ通のレビューに影響されて
買ったゲームが唯一あります

その唯一のソフトが
「暴れん坊天狗」です

あれだけは人生に好影響だったなあ…
Posted by MEL at 2009年12月13日 21:40
確かに主観が強くない事がさびしいですね。
Posted by 自己破産 at 2009年12月14日 03:15
購入の目安として今のクロスレビューはあまり参考になりませんが「あれがあるからこそファミ通」みたいな感じもするので、自分も現状維持で良いかなーと。

現在のファミ通の記事で主観的と言えるのは、伊集院光氏などのクリエイターのコラムくらいなので、寂しいといえば寂しいですが(苦笑)
Posted by じぇふ茶 at 2009年12月16日 00:38
例えばFFやドラクエの記事が掲載されないと、ファミ通が売れなくなっちゃいますから。 ... ファミ通は、最大手の企業に対して悪い評価をつけることができないからです。 一般企業は多大なお金を払い、ファミ通に攻略記事を出してもらっています
Posted by 会話 at 2009年12月18日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135502702

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。