にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2009年09月25日

ジャンプバグは実在した



旅行先で遭遇した不思議な光景を激写ボーイ。
















ジャンプバグじゃん!



衝撃である。
ジャンプバグの赤ワーゲン(バグ)は実在したのだ。
ホイールも赤だし。しかも浮いてるし。













知らない人はこちらで確認


ジャンプバグ
http://www.geocities.jp/arcadon765/jumpbug.html












え?「赤じゃなくてピンクだろーが!」だって?



いいかい坊や。
ジャンプバグが登場してから30年近く経過しているのだ。
色褪せるのは当然だろう。

動かなくなってからもバグは飛んでいたかった。気を利かせたバグの運転手(年齢不明。当時20歳だと仮定すると、現在50歳くらい)が、バグを壁に埋め込むことでジャンプしていることを表現していたと推測できる。

いやいや、ジャンプしていることを表現するなら、ポールか何かに吊るして看板代わりにしたほうがいいんじゃないか?と思うだろう。しかし、残念ながらそれは不可能だ。なぜならバグのフロントには強力な貫通砲が実装されているからである。つまり、警察に見られれば銃刀法違反でしょっぴかれる可能性があるのだ。

それを防ぐため、運転手はバグの前面を壁に埋め込んだのだ。
これならば貫通砲がまったく見えない。「頭隠して尻隠さず」の意図はここにあったのだろう。こんな危険を冒すよりも倉庫などに保管しておいたほうが安全だとは思うが、運転手はキングオブ駄菓子屋ゲーと言われたジャンプバグの存在を忘れてほしくなかったのだ。だから少しでも人目につくよう考慮した。運転手とバグの絆の深さには感動である。



















・・・・・・・と、このように多少強引にでも物事をゲームに当てはめて考察してみると、リアル3次元に絶望した世捨て人でも楽しく暮らすことができるだろう。私も幼少期からリアル3次元キャラより、モニターごしに可愛い2次元キャラと遠距離恋愛してきた人間だからよくわかる。

要は想像の翼をどこまで広げられるかだ。
頑張ってみてほしい。





・・・・・おしまい


posted by ふうのしん at 07:44 | Comment(2) | TrackBack(1) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【ジャンプバグ】
・・・懐かしすぎですね。
(これ知ってる人そんなにいないかも)

一瞬【シティーコネクション】と
混同しそうになりましたよ。
たしか強制横スクロールだったかな?
・・くらいしか思い出せませんでした。
Posted by おのじ at 2009年09月25日 08:06
>おのじさん

そうすね。
強制スクロールです。ピラミッドで任意スクロールになったりと演出も見事です。シティコネクションと共に名作に入るのでしょうね
Posted by ふうのしん at 2009年09月27日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128789569

この記事へのトラックバック

ドンキーコング ジャングルビート
Excerpt: ドンキーコング ジャングルビートの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ドンキーコング ジャングルビート」へ!
Weblog: ドンキーコング ジャングルビート
Tracked: 2009-09-26 04:42
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。