にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2009年08月22日

パッケージ絵とゲームで1番ギャップのある女性キャラ決定戦(ファミコンアクションゲーム編)

ファミコン時代は、よく箱絵でだまされたものだ。
健全な青少年ならエロに興味をもつのは当然。箱絵がエロそうだからと購入したら、ゲームとのあまりのギャップに涙を流したファミコン世代の方も多いだろう。そしてファミコン世代は、そのギャップを非凡な想像力で補っていたのである。


今回はそんな作品をピックアップし、1番ギャップのあったキャラクターを選出してみようと思う。タイトルのとおり、主人公が女性キャラのアクションゲームに絞らせてもらったので、ワルキューレやドラクエキャラなどは含まれない。






さあ、いまこそ集え!妄想戦士たち!
















エントリーNo.1


ルシア(マドゥーラの翼)
1986年12月18日発売
サン電子



パッケージ







ゲーム







拡大



パッケージで描かれている盾が再現されていない。
また、鎧の色、形状も微妙に違うのが残念だが、ルシアの脚線美がよく表現されている点を評価したい。











エントリーNo.2


アテナ(アテナ)
1987年6月5日発売
SNK




パッケージ







全身







ゲーム







拡大



アテナのダイナマイトボディに昇天してしまった人も多いと思う。私もその一人だった。ゲームでも頑張っているんじゃないか?と思っている人、甘い!よく見てみると、アテナの巨乳がまったく再現されていないのである。ぺったんこである。無乳である。残念である。











エントリーNo.3


レイラ(レイラ)
1986年12月20日発売
デービーソフト




パッケージ







ゲーム







拡大



エロさでいったらアテナにも引けをとらないレイラの登場だ。
パッケージにはバズーカ砲を抱えたレイラに、銃を握り締めたクールなイリス。このパッケージは破壊力抜群だった(イリスが登場するのは終盤だが)。妄想で楽しむなら、うってつけの作品といえる。











エントリーNo.4


アルティアナ(スペースハンター)
1986年9月26日発売
ケムコ




パッケージ







ゲーム







拡大



このギャップは厳しい・・・・。
サイボーグ美少女アルティアナの面影がまったく感じられない。
妄想力がためされる上級者向けの萌えゲーである。











エントリーNo.5


優子(夢幻戦士ヴァリス)
1987年8月21日発売
徳間書店




パッケージ







ゲーム







拡大

現実世界時        夢幻界時

  

ゲームではずいぶん体勢が前のめりなのが気になるが、パッケージの優子も前のめりなので、再現度は高い(?)。ただ、ルシアと同じく盾が再現されていない。ドルアーガの塔のギルように、剣を出しているとき、ギルの向きを変えると、盾の向きも変わり、呪文をガードできる方向も変わる等のコダワリがほしかったところ。優子の瞳が描かれていないのもマイナス。制服もダサイ。









以上、厳選して紹介させていただいた。
ではこのなかの誰が1番パッケージとゲームでのギャップがあるのか?並べて見てみよう。
























・・・・
・・・・・
うん、わかりきってるね・・・・
ということで1番ギャップのあるキャラは、とても同一人物に見えないアルティアナに決定!おめでとうケムコ!ありがとうアルティアナ!!












・・・・・・おしまい







posted by ふうのしん at 14:21 | Comment(17) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしい…

あとは同じ頃の
「アウトランダーズ」のヒロインとか…
Posted by MEL at 2009年08月24日 01:12
「マドゥーラの翼」には自分も騙されたクチです(何)

しかし、こういったパッケージと実際のゲーム画像とのギャップって、女性キャラクターのものしか気になりませんよね。
マリオやロックマンもパッケージと大分違うけどあまり気にならなかったのは、自分が男だからなんだろうか^^;
Posted by じぇふ茶 at 2009年08月25日 01:49
楽しかった!!またやってほしいです。

どっちも可愛いのに容姿がちょっと違う、とかそんなのもみたいです。うん、どろぴーとか。
Posted by at 2009年08月25日 21:12
面白いですね。懐かしさ満載で見入ってしまいました。
当時はパッケージの絵に騙されやすかったですし、その絵から多大な期待をしちゃってました....昔だからしょうがないけどww
変なキャラクター特集などもぜひやってもらいたいです。
今後の記載も楽しみにしています。


育毛ブログを書いています。気になる方は覗いてみてください。
Posted by カミのコ at 2009年08月26日 07:41
おいおいおいおい、まじかるキッズどろぴ〜を忘れてっぞ。最初の画面はよしとしても、あの後のゲーム画面はまんま魔女ロックマン。これも入れなきゃだめでしょ〜〜
Posted by NAO at 2009年08月26日 15:23
コメントいただいた皆様へ。
5人ほどしか出てこなくてすいません。
あとは「カイの冒険」のカイとか、主人公か微妙ですが、「ワイワイワールド」のコナミレディくらいっす。この2人は、それほどギャップを感じなかったので除外してしまったんですけども。MELさんのアウトランダーズありましたねー。名無しさんやNAOさんの「まじかるキッズどろぴ〜」はプレイ経験なしっす・・・・すいませんm(_)m。じぇふ茶さんのいうとおり、男のキャラは気にしたことなかったですね。女性だったら、男キャラ気になったりするのでせうか(笑)。

機会があったら他のジャンルでやってみたいです。ありがとうございました。
Posted by ふうのしん at 2009年08月26日 16:09
どう考えても1位は
ワルキューレの冒険 だろ?
Posted by at 2009年08月26日 16:15
ガーディック外伝がない・・・だと…?
Posted by   at 2009年08月27日 21:19
この管理人って当時を知らず、
ネット上で拾った知識だけで書いてそうだよね
Posted by at 2009年08月30日 16:16
この記事を書くにはパッケージ写真とゲーム画面があればいいから、
プレイしたことがなくてもok。
Posted by at 2009年08月30日 17:28
その世代のゲームならもうほぼ全部じゃねえかよw
Posted by at 2009年08月30日 18:32
これらは全部、昔ならではのグラフィックの未熟さだよなぁ・・・
ギャップがあると言ってしまうのはどうかと・・・
Posted by at 2009年08月31日 03:41
ガーディック外伝のパケ絵はトラウマ
Posted by at 2009年08月31日 05:50
PSだったらFF\で決まり
Posted by at 2009年08月31日 06:42
銀河の三人のリミちゃんなんですよ
ふうのしんさん
Posted by 名無しさん at 2011年04月04日 21:25
ソードオブゾダンの方が・・・
Posted by at 2011年10月24日 00:36
いや、昔とはいえ頑張ってるソフトはギャップが少ないように頑張ってたぞ
レイラやマドゥーラは、(グラフィック能力が低いということをよく分かっている)当時で「全然違う…」と思ったんで、ギャップがあるってのは間違ってないと思うわ
それこそリアルタイムで経験してるからこそ共感できる話だわ
Posted by at 2016年04月25日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126233180

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。