にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2008年11月07日

スペランカー君の身体能力測定

今回はスペランカー君の身体能力測定である。
他サイトでは「最弱の主人公」であるということや、「足腰が弱い」、「虚弱体質」などは書いてあるのだが、では実際どのくらいなのか?ということをちゃんと調べているサイトが見当たらなかったので、私が突っ込んで調べてみることにした。

調査開始


まずスペランカー君の身長を計測。





これでは分かりにくいので拡大。





まだ分かりにくいので色をつけてみる。




うむ。
これは他サイトでも書いてあるように、スペランカー君の身長は16ドットで間違いないようである。いわゆるFCドラクエなどと同じ16×16ドットのキャラクターということだ。



次にジャンプ力を計測。


垂直ジャンプ力


図のように、スペランカー君の垂直ジャンプ力は11ドットであることが分かる。16ドットであるスペランカー君の身長を160cmと仮定しよう。すると1ドットが10cmとなる。つまり、スペランカー君の垂直ジャンプ力は1m10cmとなるわけだ。これはなかなか凄い記録なのではないだろうか。



前方ジャンプ力
ジャンプ地点から着地点までの飛距離を計測。


  


合成&拡大



結果はぴったり20ドット。つまり2m。はっきりいって小学生の走り幅跳びより低い数値のように思われるが、ダッシュというアクションがないので、こんなものなのかもしれない。



次にスペランカー君の歩行スピードを計測してみる。
その計測方法だが、1秒間で何ドット進めるか?という方式で調べてみた。ただ、時計の秒針を見ながら計測したので、多少の誤差があることをご理解願いたい。

計測開始


 


拡大&合成



結果は1秒間に40ドットであった。前述したように、1ドットを10cmと仮定した場合、スペランカー君は1秒間に4m進むことができるということになる。すると、100m走を行った場合、

100m÷4m=25秒

というタイムに。
これも遅いと言わざるを得ないが、スペランカー君の歩行スピードは何時間経過しようが速度は落ちない。虚弱体質、足腰が弱いと言われているがそれは誤りである。この無尽蔵のスタミナが物語っているのだ。



では最後に最弱であると言われるスペランカー君の足腰を調査してみよう。つまり、

「何ドットの落下まで足腰は耐えられるのか?」

という実験である。
実験方法は「ハシゴから飛び降りる」という簡単なものだ。これは実験を行うまで知らなかったことなのだが、十字キーをチョンチョンと微妙なタッチで操作してやれば、1ドットずつスペランカー君を移動させることができるのである。それによって正確な数値が導き出せるのだ。


実験を何度か行い、下図の高さが限界であることが分かった。


 


拡大すると、





検証した結果、スペランカー君は14ドットの高さまで耐えることができる。15ドットの高さになるとご臨終されてしまうのである。自身の身長よりも低い高さから落下しただけでミスになってしまうのには、足腰が弱いと言われてもしかたがないか。ジャンプ力が11ドットであることを考えると、この先スペランカー君の脚力が上昇し、ジャンプ力が14ドットを超えてしまうと、ジャンプしただけで死に至るという、ボンバーキングも真っ青な自爆キャラとなってしまうのだ。恐ろしい・・・。


身体能力測定結果

スペランカー君
身長:16ドット(1ドットを10cmとした場合、160cm)
垂直跳び:11ドット(1m10cm)
走り(?)幅跳び:20ドット(2m)
100m走:25秒(1秒間におよそ40ドット(4m)進むことができる)
落下高度耐久力:14ドット(15ドット(1m50cm)になると死亡)


以上。おしまい



11月11日 追記
出張から帰ってきて見てみるとコメントたくさん来てビックリでした。
ここで回答させていただきます。1番多かったジャンプ力についてのコメント。前方ジャンプ力については、つま先同士で計るのがベストだったかも。ごめんなさい。

あと、リュックについてですが、この重さを考慮すれば数値が変わってくるんでしょうね。そこまで考えてなかったです。すんません・・・

いや、リュックはもしかして生命維持装置なのでは?
リュックをはずしてしまうと、ジャンプ力が15ドットを越えてしまう。それを抑制するために!みたいな(てきとう)。ドラゴンボールで悟空とクリリンが亀仙人のもとで亀の甲羅を背負って修行していたような感じww。でも、スペランカーって本当に愛されている作品なんだなあ。新作のデキはどうなんでしょう。

ありがとうございました。 ふうのしん


関連

マリオの身体能力測定
http://nesgbgg.seesaa.net/article/109617837.html
posted by ふうのしん at 18:52 | Comment(38) | TrackBack(1) | スペランカー君の身体能力測定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまりスペランカー君は落下に弱いわけですなw
11ドット跳べるのに15ドットで死・・・。
う〜ん、初期のゲームならではの矛盾を感じます。
Posted by ヘーロー at 2008年11月07日 21:37
15ドット、つまり150cm下から落下で死亡ということは、公園のすべり台などにはとてもとてもすべれないということになりますか。
Posted by at 2008年11月07日 23:50
しかしあらためて冷静に分析すると
身体能力低すぎるwww
Posted by MEL at 2008年11月08日 00:01
米2
Posted by   at 2008年11月08日 01:13
身体能力はあるけど虚弱体質というわけですね、わかります。

あとどうでもいいことですが、公式に従って(http://www.irem-store.com/cgi-bin/omc?port=22911&req=PRODUCT&code=4536592106593)「スペランカー先生」と表記するべきだと思いましたw
Posted by at 2008年11月08日 04:11
毎秒4mで平均的に走れるなら長距離向き マラソンなら3時間切ると思う。一般ランナーならスゴイと思うぞ。
Posted by at 2008年11月08日 08:51
身体能力が低いのはリュックが重いからじゃね?
Posted by at 2008年11月08日 10:00
骨粗鬆症なんだよ
Posted by at 2008年11月08日 10:32
足腰の弱い分、一本綱をさくさく上り下りする握力がありますよね。
Posted by at 2008年11月08日 15:44
1m10cmってマイケルジョーダンかよw
Posted by at 2008年11月08日 23:44
一般人の自分でも垂直跳び84cmだから、運動神経いい人なら1mは軽いんじゃね?
Posted by at 2008年11月09日 15:17
1mでも落ち方次第で死ねます
Posted by at 2008年11月09日 23:37
マイケル・ジョーダン(198cm)が122cm、ハンドボールの宮崎大輔(174cm)が95cmなので、ジャンプ力に限って言えばスペランカー先生はNBAクラスです。身長とジャンプの対比で言えば歴代NBA選手の中でもかなう人は居ないんじゃないでしょうか。
Posted by at 2008年11月10日 00:11
はじめまして。
なるほど、ジャンプ力はすごいんですね。
ところで、前方ジャンプ力と歩行スピードに関してはつま先同士orかかと同士で測ったほうが良いと思いますで、前方ジャンプ力は24ドット(240cm)、歩行スピードは秒速44ドット(440cm)ではないでしょうか?

それにしても、旧作ピックアップの怒首領蜂画像がアレにしか見えない・・・。
Posted by at 2008年11月10日 00:40
洞窟の中で正確な身体能力が測れるわけない
歩きにくい地形なのは当然として
酸素が十分に届いてないところですし
温度もかなり高温下なんじゃないでしょうか

たしか酸素がなくなると死んだ記憶がある

弱い弱い言われてるけど彼は並みの身体能力ではありませんよ
ゲームキャラとしては弱いけどね

コウモリの糞で死ぬのは謎ですが

ちなみにこのゲームやったことある人ならわかるけどそんなに難しくないですね
ファミコンの中では普通レベルの難易度ですよ
Posted by at 2008年11月10日 01:41
装備が超重そう
あと単独の洞窟探検で捻挫とかしたら
=死では?
Posted by at 2008年11月10日 19:32
クスリを取った時の身体能力も測定してほしかったです
Posted by at 2008年11月10日 20:05
スペランカーの操作にダッシュは無いので
助走なしでの幅跳び2m、100mを徒歩で25秒と考えれば
超人的と言えるのではないでしょうか
落下死に関しては洞窟内の地面は細かな針状のうえ毒性があり
手をついてしまうと死に至るのかもしれません
YouTubeにてクリア動画を見る限り彼が虚弱なのではなく
我々がヘタレゲーマーであることに間違いは無いというのが
実際のところであると思います
Posted by h at 2008年11月11日 02:59
洞窟探検家の
リュックの重さを
考えるべきである。
Posted by at 2008年11月11日 03:19
これは笑ったw GJ
Posted by at 2008年11月11日 14:32
スペランカーは何もしなくても時間とともに
体力は減っていくのでスタミナ面でも虚弱ですよ。
Posted by at 2008年11月11日 16:32
前方ジャンプ力はつま先からかかとで良いのでは?
通常立ち幅跳びや走り幅跳びはそうやって計りますよね。
Posted by ふんぬばらぁ at 2008年11月11日 23:19
垂直跳びは脚を開いてる分記録が伸びている。
でも、脚が開いていても上から下まで16ドット。
空中にいる間は身長が伸びる・・・?

いえいえ、ジャンプした勢いでヘルメットが上にずれてるんです。

冗談はさておき。
膝が真下に伸びれば50cmぐらいは下がりますので
垂直跳びは60cmぐらいに。
一般人より低い値ですがリュックの重さが以下略です。
Posted by at 2008年11月11日 23:29
ゲームキャラの中では群を抜いて弱い印象がありましたが、こうして冷静に検証してみると…やはり弱かったみたいですね^^;
興味深い考察、お疲れ様でした。

>新作
体験版をプレイした感想としては、ちょっと強くなっていたような…?
Posted by じぇふ茶 at 2008年11月12日 00:23
スペランカー君はなぜこの虚弱体質で洞窟探検せざるを得なかったのか?

トロッコなどが設置してあるところから見て前任者の意志を継いだのか?

借金苦のあげく盗掘を思い立ったのか?

ただし体の弱さ・体のバランスから考えて幼児という見方も出来ることからこの暴挙は単なる幼児の好奇心からの行動なのではないだろうか。
しかしそうなるとジャンプ力の説明がつかなくなり・・・
Posted by at 2008年11月12日 07:40
できればマリオと比較して欲しいです。
Posted by at 2008年11月12日 11:33
100m÷4m=25秒と言うことは、
4M×3600秒=14.4km/時。

つまりスペランカー君は、
重い荷物を背負ったまま、
洞窟と言う足場の悪い場所において、
14.4km/時で移動することができると言うわけです。
これはフルマラソンであれば、軽く3時間を切れることを意味しています。
さらに2mの幅跳びをした後でも、スピードを変えることなく走り続けることができるのです。

これはなかなかの足腰ではないでしょうか。

また重い荷物を背負ったまま、
足場の悪い地点に着地することによって、
体の一部分を悪くしていると考えられます。
あんな洞窟ですから、足腰を捻挫レベルで痛める=即終了と考えるのが妥当であり、あの高さからの落下であれば仕方がないのではないでしょうか。

とか言ってみた。
Posted by  あつ at 2008年11月12日 12:03
何倍すればギャラクシーのマリオに勝てるんだろう…
Posted by at 2008年11月13日 01:33
時間と共に体力は減りません
酸欠になってるのですよ
Posted by at 2008年11月13日 15:43
単純に重力が違うとか考えてみるとどうだろう・・・
Posted by at 2008年11月14日 20:11
水のエレベーターにのって降りているときに、ジャンプするだけで死ねる
スペランカー先生の虚弱さは異常。
でも、あの当事はなんだかんだいって、
3周くらいは楽に回れてたなぁ
Posted by at 2008年11月15日 05:09
洞窟です。足元は暗く砂利や石も多いでしょう。となればころびやすいわけです。
声も反響して救助を求める声も反響で不明瞭に、どこから聞こえるのか判りずらいでしょう。

ええ、そうです。洞窟、それも跳び越えなければ行くも帰るもできない所では、片足を傷めるだけで死に直結です!
救助隊からも二次遭難者がでてもおかしくありません。
コウモリのフンも有害な病原体を孕んでいないとどうして断言できるでしょう。
このことを踏まえれば「スペランカー」は
極限地帯、この場合は洞窟探検のリアルさを追求したものであることは容易く解かることです。
にもかかわらず命の数はもともとの1つに加え更に2つ!それもミラクルをタイミングよく取れば増やせるという大判振る舞い!

このことを理解せずに誹謗中傷するものは
どこであろうと遭難した際に救助が間に合わ
ず死ぬのが善いのです。

危機意識、危険の回避という概念もなく、
用心深さを自ら捨てる輩どもは自殺志願者であり、己一人が死ぬだけならまだ善いのですが、他人を焚きつけ巻き込みかねない考え・・ 己の死骸をゴルゴに冷たく一瞥されればいいのです。  
Posted by ないとうみきち at 2008年11月19日 01:11
洞窟です。足元は暗く砂利や石も多いでしょう。となればころびやすいわけです。
声も反響して救助を求める声も反響で不明瞭に、どこから聞こえるのか判りずらいでしょう。

ええ、そうです。洞窟、それも跳び越えなければ行くも帰るもできない所では、片足を傷めるだけで死に直結です!
救助隊からも二次遭難者がでてもおかしくありません。
コウモリのフンも有害な病原体を孕んでいないとどうして断言できるでしょう。
このことを踏まえれば「スペランカー」は
極限地帯、この場合は洞窟探検のリアルさを追求したものであることは容易く解かることです。
にもかかわらず命の数はもともとの1つに加え更に2つ!それもミラクルをタイミングよく取れば増やせるという大判振る舞い!

このことを理解せずに誹謗中傷するものは
どこであろうと遭難した際に救助が間に合わ
ず死ぬのが善いのです。

危機意識、危険の回避という概念もなく、
用心深さを自ら捨てる輩どもは自殺志願者であり、己一人が死ぬだけならまだ善いのですが、他人を焚きつけ巻き込みかねない考え・・ 己の死骸をゴルゴに冷たく一瞥されればいいのです。  
Posted by ないとうみきち at 2008年11月19日 01:12
おお、久しぶりに見てみたら管理人さんが追記していますね。
少しおこがましいかなと思いつつコメントしましたが、丁寧な対応で好感が持てました。
お疲れ様です。
Posted by at 2009年01月04日 17:36
リュックの重さを言い訳にするなら
ジャンプ力だけ異常
Posted by at 2009年01月27日 19:50
このブログに影響されて久しぶりにスペランカーやった
殺意が沸いたw
ゲームに爽快感も糞もない
Posted by at 2009年09月28日 20:21
スタート時リュックの中身は銃以外入っていないはず。
その銃もリュックから取り出して使っているにしては早撃ちすぎるのでからっぽなのかもしんない。
不思議なのは落下中に死んでしまうことが異常かなぁ。

やっぱ弱すぎスペランカー。
Posted by pl13 at 2009年10月16日 13:56
14ドットの高さからジャンプし、下に落ちた場合、ジャンプする直前の高さから15ドット下が死亡判定となるのでがんばれば25ドットの衝撃に耐えられる。
Posted by at 2012年01月21日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109234033

この記事へのトラックバック

レトロゲーの身体測定
Excerpt: スペランカー編: http://nesgbgg.seesaa.net/article/109234033.html マリオ編: http://nesgbgg.seesaa.net/article/1..
Weblog: 相殺する幸福と不幸の末路
Tracked: 2008-11-20 00:27
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。