にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2008年10月16日

ゲームソフトのレーティングについて調べてみた

PS2のソフトを見てたとき思ったんだけど、年齢制限がずいぶん厳しくなったよなあと。いまさらだけど、これを記事にしてみようと思ったのね。


こんなん↓




レーティング制度とは、ゲームソフトの内容により、対象年齢を制限し、青少年に悪影響を与えないようにするというもの。表示されている「CERO」というのが、

「コンピュータエンターテインメントレーティング機構」

という監査機関らしい。
2002年6月に設立され、2002年10月1日から開始。


以下、CEROのHPより抜粋


1,レーティングの適用ハード

ドリームキャスト
プレイステーション
プレイステーション2
プレイステーション・ポータブル
プレイステーション3
ニンテンドウ64
ニンテンドーゲームキューブ
ゲームボーイ(カラー含む)
ゲームボーイアドバンス
ニンテンドーDS
Wii
ワンダースワン(カラー含む)
Xbox
Xbox 360
パーソナルコンピュータ(対応OS: WINDOWS各種、MAC各種)



当たり前といえば当たり前だけど、2002年当時に現役で稼動していたハードから適用されてます。セガサターンって、2002年にはソフト出てなかったっけ?と思い、ウィキで調べてみるとセガサターン最後の作品は「悠久幻想曲 保存版 Perpetual Collection」。2000年12月7日発売。納得。

関係ないけど、仮に2002年以前にもレーティング制度があったとしたら、1番ヤバイコンシューマー作品はこれだと思う。


エグザイル 〜時の狭間へ〜
日本テレネット
1991年3月29日発売


回復アイテムがコカなどの麻薬を使用するアクションRPG。パソコン版はもっと凄いらしく、麻薬の種類が段違いに多いことに加え、アサシンが現代世界に迷い込み、ゴルバチョフなどを殺害してホメイニ師助け出すというストーリー。・・・よく発売できたよね。




2. レーティングの対象となる表現項目

〔性表現系〕
キス、抱擁、下着の露出、性行為、裸体、性的なものを想起させる表現、不倫、排泄、性風俗業、水着・コスチューム

〔暴力表現〕
出血描写、身体の分離・欠損描写、死体描写、殺傷、恐怖、対戦格闘・ケンカ描写

〔反社会的行為表現系〕
犯罪描写、麻薬、虐待、非合法な飲酒及び喫煙、非合法なギャンブル、近親姦・性犯罪等、売春・買春、自殺・自傷、人身売買等

〔言語・思想関連表現系〕
言語・思想関連の不適切な描写



これはそのまんま。特になにも言うことはないっす。




3. 「CEROレーティングマーク」
パッケージに印刷されてる年齢制限マークのこと。
このマークは平成18年3月1日改訂された。コトの発端は2005年6月7日、神奈川県が「グランド・セフト・オート3」を有害図書に指定したことらしいです。


以下、ファミ通914号「ファミ通エクスプレス」より抜粋。


(2006年)5月31日、ゲームソフトの対象年齢表示が変わった!ゲームソフトが一部の都道府県で「有害図書」に指定されるなどの状況を踏まえ、CESA,CEROは、2005年9月から開催されてきた協議会に参加してきたが、そこで決まった変更点を(2006年)5月30日に発表した。

発表のポイントは2つ。
ひとつは「全年齢対象」や「18歳以上対象」といった4段階の表示から、A,B,C,D,Zの5段階に表示が変わること。





もうひとつはZ区分のソフトの販売自主規制に関すること。
CESAは、Z区分の商品を18歳未満のユーザーに販売しないように、販売店に強く呼びかけている。多くの販売店は、この販売自主規制に協力する姿勢。また、コンビニエンスストアの組合は協議会の席で、今後はZ区分のソフトを取り扱わないことを発表している。




新レーティングと販売自主規制の骨子

1、従来の4段階表示からA,B,C,D,Zの5段階に表示
2、Z区分のソフトを18歳未満のユーザーに販売しない
3、Z区分のソフトは試遊台の設置や映像の放映も自粛
4、コンビニエンスストアはZ区分のソフトを扱わない




ここで疑問。

「CESAは、Z区分の商品を18歳未満のユーザーに販売しないように、販売店に強く呼びかけている。」

と書いてあったけども、Zと同じく年齢制限のあるB,C,Dに関しては販売しないように呼びかけなくてもいいんだろうか。さらに記事を読むとそれも説明されてた。


B,C,Dに関してはCESAは、

「あくまでも消費者に対する情報提供が目的」


というスタンスらしく、販売店に年齢確認を求めてないそうです。
Z指定(18歳以上)の作品だけ気をつけろと。つまり、

「Z指定されるかされないか」

ってのは大きな意味をもってくるわけ。
なぜかというと、Z指定の作品を「有害図書」扱いにしている県があるから。この記事は2006年のだから、現在ではもっと増えてるのかもしんない。記事によると有害図書とは、Z区分ソフトを18歳未満に販売した場合、青少年保護育成条例により20万円の罰金が科せられるらしい。



新レーティングに対するゲームショップの対応
ファミ通が協力店にアンケートを実施しているので掲載。
Z指定に関するものがメイン。


Q1 レーティングの変更を歓迎する?



どちらとも言えない:66.3%
歓迎しない:20%
歓迎する:13.7%



「歓迎する」という意見は14%に留まり、大半が「どちらとも言えない」と回答。

「お客様からのクレームにつながりそう」

など、直接ユーザーと接するだけに心配する声が目立った。


↑そりゃそうだろうなーと。
年齢確認が失礼になる場合もあるし、それで客が怒って帰ってしまい、二度と来なくなったら最悪だしのう。かと言って、18未満にZ指定作品を販売してしまったら罰金になるしやりにくそうだなあ。



Q2 これまではどんな対応を取っていた?




年齢を聞かずに販売していた:35%
年齢を聞いていた:32.5%
対象年齢を意識していなかった:18.7%
証明書の提示を求めていた:7.5%
そのほか:6.3%



「対象年齢を意識していなかった」、「年齢を聞かずに販売していた」を合わせると約54%に。年齢確認を行っていた販売店は、自治体が有害図書に指定したのを受けて該当するソフトのみ対応していたケースが多かった。


↑これも予想どおりでしょうか。
販売店としては売れてしまえば良いわけで、トラブルの元になるかもしれない年齢確認を好き好んでやらないだろうし。



Q3 新レーティング以降、どんな対応を取る?




18歳未満と思われる場合のみ年齢を聞く:43.8%
18歳未満と思われる場合のみ証明書の提示を求める:33.8%
購入者すべてに年齢を聞く:6.3%
未定:6.3%
購入者すべてに証明書の提示を求める:4.9%
年齢を聞かずに販売する:3.7%
そのほか:1.3%



Z区分のソフトを購入しようとする人が18歳未満だと思われる場合、約44%の販売店が「年齢を聞く」、約34%が「証明書の提示を求める」という結果。また、18歳未満かどうかを見た目で判断するのは限界があるといった理由で、Z区分のソフト購入者すべてに年齢確認を行う店も。


↑やっぱり販売店の意識は変わりましたね。
個人的には購入者すべてに年齢を聞くのは失礼になる場合もあるから、

「Z指定のソフトのみ購入者すべてに証明書の提示」

ってのが1番いいような気がする。年齢を聞くだけだとウソつかれたらわからないし。あと店前にでも、

「Z指定のソフトはすべてのお客様に年齢確認してます」

ってしておけばいいのかも。




レーティングは必要か?
そらもちろん必要でしょうな。
青少年に有害なものは年齢制限をかけるのが常識だし。
ただ、レーティング制度のA,B,C,Dはいらないような気が・・・。重要なのはZ区分の作品だし、そこまで細々縛らなくても。・・・これも時代ですかね。

ゲームソフトの影響で事件を起こした輩もいるようですが、そんなのは自己責任だし、ゲームソフトを責めるのは間違っていると思うなあ。この制度の背景には、事件が起きた場合、「このような制度を行っていますよ」という、いわゆる責任逃れ的な大人の事情もあるのかも。



あとがき
ぶっちゃけレーティング制度はどうでもいいんだよね。その制度が始まった時にはとっくに18歳過ぎてるし。新レーティング制度になってから2年過ぎてるけど、レーティングに関する事件とか起きてないし(あったらごめんなさい)、問題ないんじゃないかな。・・・たぶん。


おしまい


参考資料
ファミ通914号「ファミ通エクスプレス」
この記事へのコメント
お母さんがグランドセフトオート買って
5秒後に子供に渡してるから
正直あまり意味ない気もします…

ただレーティングも知らないで
ゲーム規制の声をあげてる人の話は
全部無視でいいかなという気はします
Posted by MEL at 2008年10月16日 18:51
グランドセフトオートSA買ったけど、Z指定以前に
画面酔いが激しくてプレイできなかった・・・もしや18歳以上のプロテクト!?
Posted by ただおみ at 2008年10月16日 19:17
誰でも買えるAしてだとキスも禁止だから
ファイナルファンタ自慰も、今では恋愛物の癖にキスすらないんでうよね(笑)

逆にDZにしても下着は出せないし
(ソニーの倫理規定で、静止画の下着は禁止、格闘ゲームなどの動画の途中はセーフ)
コナミのねぎま!のゲームは静止画で下着の絵を書いて
「水着です!」って言い張って広告費を多めに払った(笑)
Posted by ggh at 2008年10月17日 06:24
レーティングといえばAとBとの判断がしっかりしていないような気がします
個人的にこの作品がAであの作品がBなのはどうだろうとか思うときがあります
Posted by at 2008年10月17日 13:12
ゲームを
・「誰が」選んで
・「誰が」買って
・「誰が」遊ぶか
を考えると、Zって意味があるようなないような。
苦手な人、嫌いな人に対する参考としてならわからなくもないけど、「ゲーム=18歳未満の子供が遊ぶもの」という前提でZ指定が作られているような気もしてどうも気に入らないかなと。国内向Z指定のゲームは海外版よりさらに修正されてて物足りない。

ちなみに、PCはTVにおけるZ指定がいわゆるR指定扱いで、それでも規制はまだゆるかったりします。
Posted by   at 2008年10月17日 15:15
MELさん
そーなんすよね。
結局、18歳以上の方が購入した後、そのソフトを渡してしまえばまったく意味がないという。まあこれは他のメディアに関してもいえることですが。そーいう意味でもアバウトなシステムですよねコレ。

>ただおみさん
SAはサンアンドレアスのことですかね。サンアンドレアス結局クリアできなかったなあ・・・。ストーリー進めないでずっと抗争を繰り返してました。捕まって、地図左下に飛ばされたあたりで力尽きました(笑)。

>gghさん
情報ありがとです。
Aでもキス禁止なんすね。たしかにFFでキスなかった。下着に関しても、格ゲーでの途中はセーフで静止画はダメって基準も知りませんでした。コナミのうんちくも勉強になりました(笑)。

>名無しさん1
確かにA、Bの判断基準は曖昧に感じます。全年齢と12歳以上の違いねえ・・・これもかなりアバウトなイメージがあります。

>名無しさん2
情報ありがとうございます。
ファミ通には、
Z=大人向けのゲームと位置づけすることによって、子供向けの作品と分別をはかるみたいなことが書いてあったけど、結局はプレイする人のモラルしだいなんですよね。PCもそのうちちゃんとした規制がかかるようになるのかな。まず無理だと思いますが・・・
Posted by ふうのしん at 2008年10月18日 07:37
高3でも、18になる時期が生まれ月によって違ったりするんで
年齢じゃなくて年度制限にしてくれ、と思った時期がありました

Posted by ささ at 2008年10月18日 16:09
凄い!どこの共産主義な国家かと思いました!
これって日本なんですよね……。
恐ろしい。
まぁ、ホントZ意外の区分は意味が分かりませんね。
誰のさじ加減?
って感じです。
Posted by 二条ジョウ at 2008年10月19日 21:14
正直、レーティング制度に関してはふうのしんさんのあとがきと同じ意見です。
この制度が出来上がった時点では、僕はもう成人していたし(苦笑)

とは言え、こういった細かい制度のお陰である程度ゲーム等の作品は作り難くなっているだろうし…業界の人にとってはやり辛い≠アとこの上ない制度なんでしょうなあ。 恐らく。
Posted by じぇふ茶 at 2008年10月19日 22:52
レーティング表示のない(あるいは前のやつ)昔のゲームの中古ソフトとか撤去されてませんかね?
最近中古ソフト屋の中古のラインナップが少なくて・・・(ハードが多いせいかもしれませんが)
Posted by at 2008年10月20日 00:08
開発者から言わせてもらえば、こういうレーディングは当然と考えてます。
ゲームを作るときに対象年齢に合わせた内容を作る関係もありますので、
18歳未満の子供がプレイすることは悪影響あると
開発者側で既に考えたりするので、むしろレーディングは歓迎です。

また個人的な意見としては、ゲーム内容に関する規制は反対ですが、
販売に関する規制は、むしろさらに強化するべきと考えています。
このZ指定のソフトを売る店の認定や
18歳未満に売る&手渡すと処罰するという法律の制定とかです。
我々開発者側でも売って欲しくない子供に売られ&手渡されて、
もし影響受けて、何か問題起こされると我々だけでなく
ゲームの好きなユーザーさんみんなにも被害が来ます。
そういう状況になったら、ゲームなどをあらゆる面で規制したいと
考えてる人達に格好の口実を与えることは想像できますね?
だから規制はちゃんとして、それを守っていく土壌を作るべきと考えています。

そして「他の人が買って渡すから意味がない」という意見は、
そもそもおかしいです。
買ってくれる人(つまり共犯者)がいないと、
手に入れる事ができないわけですから抑止力としてちゃんと意味あります。
直接販売できない決まり事ができたことに意義があります。
「規制がザルだから意味がない」ではなく、
まずは作ってそこからさらに発展させるべきです。
Posted by ゲーム開発者 at 2008年10月20日 21:06
18指定・Z区分の物は一応その内容の基準が定義付けられていますが、
その他のA〜DのCERO指定は色々見比べて見ると結構いいかげんな所がありますよね。
例えば少年誌作品やヒーロー物、超有名RPGのように知れ渡ったタイトルなら、
明らかにB以上の内容が含まれていても全年齢指定になる事が殆どです。
年齢制限だけでなく、パッケージ裏に表記されているコンテンツマークなんかだと、
普段は「暴力」等の表記がされているような対戦格闘ゲームやアクションゲームも、
血さえ出なければ、女性しか出ていないようなものは過激な衣装の「セクシャル」のみですし、
中には男女混合で刀剣等の武器を使った格ゲーでも、何故かこれと同じ条件のゲームもあります。
そんな中、逆に「えっ、こんなことで?」と言う理由でB以上の指定になってしまったりする他、
移植やリメイクの際、時に新作ゲームでも、A指定にする為に製作の途中でメーカーが自主規制をし、
一部のシナリオが削られてしまっている現状はどうも皮肉な話である気が致します。

自分は条例でZ指定が18歳未満に販売できない地域に住んでいますが、
ゲーム屋さんに行くと、
そもそもZ指定以外はあくまでも対象年齢だと言うだけで、
実際に買えない訳ではない事を知らない方も多く、
最近人気の、メーカー自体も広い層に向けて作って販売しているゲームまで、
C指定であると言う事から、まさに狙いの層である小学校高学年〜中学生辺り子供が、
友達同士で、 「年齢が足りないからこのゲームは自分たちには買えなくて残念」と言う会話をしている姿を頻繁に見かけます。
改定前に18指定で、現在はD区分に変更された物を、
お店の人が気付かずに以前のパッケージのままで、
18歳未満購入禁止のコンシューマゲームのコーナーに置かれている事も。
たしかにこうした指定があると、ゲームを選ぶ基準にはなるのかもしれませんが、
それ故にユーザーが購入に不自由になってしまったり、
ハードメーカー自体のある程度の規制は仕方が無いとしても、
制作側の自由度がこのCERO指定で狭まってしまわないかなーと、
少々考えすぎかなとは思いつつ、心配になってしまいます。
どうせ指定をするのなら、もっとはっきりとした定義や、認知度があれば良いのですが……なかなか難しいのでしょうね。
以前から興味を持っていた内容だったのでつい長文コメントになってしまい、どうも失礼致しました。
Posted by   at 2008年10月21日 03:13
全年齢対象のスマブラなどでも、「銃」や「ナイフ」が入るとレーティングに影響するみたいで、最新作ではそれを使いそうなキャラが使っていなかったんですが、代わりに持ち出したのが、人間が食らったら粉々に吹っ飛びそうな対戦車ロケット弾等の対ハードターゲット用の火器だったりとか、いろいろそれでいいのかよってのはありますよね。
Posted by at 2008年10月21日 13:14
男の子達がエッチな本を手に入れると大抵隠しますよね?それはエロ本自体が悪いというのではなく性に関する事はおおっぴらにするべきではないという事をほとんどの子供が理解しているからです。なぜ「年齢が足りないからこのゲームは自分たちには買えなくて残念」なのかを子供達が同じ程度に理解出来るようになるのが一番というのは皆さん同感だと思います。レーティングがあれば「なんでだろう?」と子供本人またはその家族が少しでも考えるきっかけになる可能性が少しはあるはずですので、そういう点ではあるほうが良いと思います。

「レーティングがある/ない」と「対象/禁止」はまた別の問題ですね…
Posted by at 2008年10月24日 02:42
おそらくレーティングに配慮したためか
家庭用beatmaniaIIDX14GOLDのムービーが差し替えになった。
具体的な内容はパラパラを踊るムービーとジュリアナ世代にはおなじみの
荒木師匠が踊るものだった。どちらも曲に合っていたがセクシーだった為
汎用ムービーに差し替えられた。
ちなみにアーケードでは差し替えられていない。
Posted by at 2009年01月06日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108160966

この記事へのトラックバック

10月21日 ゆるゆるClips
Excerpt:  ばななりんご朝食ダイエット。 ■ Keyの作品で歴代PSPの液晶を比べてみた [basicchannel] ■ ゲームソフトのレーティングについて調べてみた[れとろげーむまにあ] ..
Weblog: SuKiMa Clips
Tracked: 2008-10-21 22:14
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。