にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2008年09月16日

ドラクエ2後の世界を調査してみた

「ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート」でドラクエ2後の世界はどうなったのかということを検証していきたい。ドラクエ7で登場したグランエスタードの王子キーファの少年時代のお話。旅の扉で伝説の地に導かれ、そこで出会ったルインの親を助けるべく、どんな願いも叶うといわれる「ロトのオーブ」を集めるために旅立つというもの。設定ではドラクエ2の数百年後ということらしい。


調査開始


スタート地点はルインの故郷であるデルコンダル。
ドラクエ2ではガイアの鎧があったところ。サーベルタイガーと死闘をくりひろげた場所でもある。現在では王政は廃止され平和になったようだ。


デルコンダル









デルコンダルから北上しローレシア大陸に上陸。
ローレシア城の南にローファという村が出来ていた。情報を集めてみる。

ローファの村










ローレシア城に人は住んでいないようだ。
ローファはローレシアの住人が作った村だったらしい。ここで気になったのは、「光の中より現れた3人の勇者が魔王と戦った」という情報。普通に考えるとドラクエ2の3人のことなんだと思うが、ハーゴンは大神官、シドーは邪神だから魔王ではない。ゾーマが魔王と呼ぶに相応しいが、そうなると勇者は4人・・・。長い年月と共に邪神→魔王になったと考えるべきだろうか。



ローレシア城に到着。
この世界は「せいれい」と「げんま」によって守られているらしい。


ローレシア城




ロトの血筋はどうなってしまったのかはまだ分からないが、ロトという称号は血筋だけを指しているのではないということを言っている。ここに住んでいるのはカカロンという幻魔だった。ロトのオーブをゲットすべく他の場所を調査。



リリザの町



サマルトリアの王子が仲間になった町。
勇者の泉の情報が聞ける。


勇者の泉



・・・特に情報なし。
泉の水を汲むだけだった。



カカロンからロトの盾(まもりのオーブ)をゲット後、サマルトリアの城へ



サマルトリア



王政は健在なようだ。
しかしここを治めている王はロトの子孫ではない。





ロトの子孫たちはどこへ消えてしまったんだろう。ローラの門(ムーンペタに行くための洞窟)にいるモンスターを退治してくれと依頼される。ローラの門には鍵がかかっているため、湖の洞窟(ドラクエ2でぎんのカギがあったところ)でカギをゲット後、げんまバルバルーと戦闘。ロトの剣(ちからのオーブ)ゲット。



ローラの門を越えムーンペタへ。


ムーンペタ




ここではムーンブルクの情報が聞ける。





ドラクエ2時、滅んでしまったムーンブルク。
シドーを倒した後、復興したらしい。
が、王女がいなくなった後、再び滅んでしまったとのこと。



ムーンブルク





現在はげんまクシャラミが住んでいる。
ロトの血筋の情報が聞ける。クシャラミからオーブをゲットするため美しいものを探すことに。



風の塔


作りが同じなのでニヤリとしてしまう。
ドラゴンの角を越えるための風のマントはすでになく、徒歩で進んでいくことに。





西のほこら




このほこらも健在。
ここからテパの村へ行くことが出来るようになっている。
ずいぶん便利になったものだ。



テパの村


大灯台は使われていないということと、月のかけらの情報が聞けた。
大灯台へも徒歩でいけるようになったらしい。



大灯台はもともとハーゴンの動向を探るために作られたもの。使われなくなって当然か。美しいものを求めて満月の塔へ。



満月の塔


とくに情報はないが、月のかけらは存在していなかった。
しかたがないのでそのまま大灯台へ。



大灯台


屋上にくさった死体のスミスが。
ドラクエ2の兵士か!と思わずニヤリとしてしまったが、あの兵士ではないようだ。残念。モンスターつかいマチュアの元彼氏らしい。




ドラクエ2の大灯台の兵士





月のかけらはどこに?と思ってたらドラゴンの角下の砂漠地帯で売っていた。それをクシャラミに渡し、ロトの鎧(ゆうきのオーブ)ゲット。ドラゴンの角を旅の扉で渡れるようにしてくれる。



ドラゴンの角
懐かしい。ほとんど同じ。





港町ルプガナ






アレフガルドはもう存在していないという衝撃の事実。
いったいなにがあったのだろうか。船着場から水の都ベラヌールへ。



ベラヌール




ここではロンダルキアの情報をもらえるくらいだった。ここの船着場からロンダルキア地方へ。



ペルポイ




地下都市ペルポイ。
いまだラゴスの印象が強いが歌姫アンナのインパクトも。
ちなみに歌姫アンナとは、沖縄アクターズスクールの校長の娘でドラクエ2のテーマソングでデビューした牧野アンナというアイドル。まったく売れずすぐ消えてしまった。その後、安室奈美恵といっしょにスーパーモンキーズとしてデビューしていたのをご存知だろうか。すぐメンバー交代したが。


歌姫アンナ





最後のげんまドメディのいるロンダルキアへ



ロンダルキアの洞窟




史上最悪のダンジョンに再度足を運ぶことになろうとは。
作りは無限ループ&落とし穴と、当時とまったく同じ。しかしかなり易しくなっている(落とし穴は一度落ちると開いたままになる)。はぐれメタルで経験値稼ぎ。


ちなみにこのキャラクター名で作品名が出てくる人はマニアだと思う。


当時を懐かしみながらロンダルキアのほこらを経由した後ハーゴン(ドメディ)の城へ。ここではドラクエ2で登場したアトラス、パズズ、ベリアルがパワーアップして登場。しかし弱い。





ドメディからロトのかぶと(ちしきのオーブ)をゲットしてそれを祭壇に捧げるとアレフガルドが復活。願いを叶えてもらうためマガルギのいるラダトームを目指す。






ルプガナから船でガライの町へ。



ガライの町




アレフガルドのBGMになった。やはりこのBGMじゃないとドラクエをプレイしている気にならないというのは言いすぎか。ずっと沈んでいたため、住人は他の地域から来た人ばかり。

やはりアレフガルドの現状を把握している人はいない。
ここからは徒歩で調査。マイラ、ドムドーラ、リムルダール、その他ほこらも存在していなかった。メルキドは廃墟として残っていたが。あと聖なるほこらには賢者が居た。


メルキド跡地





竜王の城






竜王の城はルビスによって封印されていた。
その後、竜王の城とラダトームと結ぶ沼地の洞窟へ



沼地の洞窟



なんと当時のドラゴンがまだ生きていた(亡霊?)。
竜王に対する忠臣ぶり。これは見習わなければなるまい。






ラダトームの城


ついに目的地のラダトームに到着。
げんまマガルギは何者かによって操られていたことが判明。
倒した後、マガルギによってルインの両親の病気を治してもらいエンディング。


マガルギ戦





しかし、話はまだ続き、マガルギを操っていた本体を倒しにいくことに。カラーオーブを集め、ギスヴァーグを倒す。これで2回目のエンディング。





ギスヴァーグ戦






ここまできてようやく竜王の城に入れるようになる。
竜王は眠っていただけで死んではいなかった(?)。













こんな感じだった。この作品では定期船でしか世界を回れないため、他の都市の現状は不明。ザハンなどはどうなったんだろうか。とりあえず分かったことをまとめてみる。

この世界はルビスとげんまによって守られている
ロトの装備はオーブに姿を変え存在している。
伝説の地アレフガルドはロトのオーブによって封印されていた
ロトの子孫はどこにいったのか分からない
竜王の城(竜王)はルビスによって封印された



アレフガルドを沈めたのは誰だったのだろう。ルビスだろうか。竜王を封印するという名目でアレフガルドを沈めた。しかし竜王を封じるためにアレフガルドの住民を巻き込むのはいかがだろう。告知もなく沈めたとしたら地上げ屋よりタチが悪い。

そして竜王の子孫は?。
竜王配下のドルバが生き残っていることから水中でも生きられるようだが竜王の血筋は途絶えてしまったようだ。

そしてロトの子孫がどこにいったのかはまったくの謎。
推測だが、「ロトは血筋だけではない」というコメントなどからして、ロト(ロトの子孫)=プレーヤーということを言いたかったのかもしれない。


おしまい


関連

ドラクエ2の疑問についての考察
http://nesgbgg.seesaa.net/article/90222667.html

ドラクエ2の世界の人口を数えてみた
http://nesgbgg.seesaa.net/article/89914449.html

ドラクエUのアレフガルドを調査&推理してみた
http://nesgbgg.seesaa.net/article/87951758.html
posted by ふうのしん at 14:01 | Comment(20) | TrackBack(1) | ドラクエ2後の世界を調査してみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナバル・・・?
ランド・・・ブレスオブファイア2?
ミリア・・・ブレスオブファイア1?
マニアじゃないのでわからないです。

本題。キャラバンハートはやったことがなかったのですがやりたくなってきましたw
Posted by ヘーロー at 2008年09月16日 22:21
ケロロ軍曹の作者が描いてたドラクエの漫画だと、ローレシアの王子は最終的に魔王以上に強くなりすぎたので新たな脅威になるんじゃないかと民衆達から恐れられ、あげく国から追放されたという設定だったような。子供の頃のうろ覚えなので違ってるかもしれません;
なんにせよプレイして救った世界のその後がこうなってるのは少し切ないですね・・・
Posted by 通りすがり8 at 2008年09月17日 05:16
お初です♪
共感できるブログ^□^
僕もくだらないブログかいてますが・・・
またみにきまぁす(^^)
Posted by 銀狼 at 2008年09月17日 11:05
キャラバンハートは未体験ですが
読んでたら気になりましたよ〜
Posted by MEL at 2008年09月17日 15:25
歌姫アンナ懐かしい。でもそんな裏話があったとは。

>キャラクター名
モルドリアンかな?
Posted by Plan 0 at 2008年09月17日 17:07
すごく懐かしいです
いつまでもこの記事を読んでいたいと思いました
でもスクロールしてしまう(笑
Posted by at 2008年09月17日 22:34
FCのドラクエ3は確かパーティー最高3人じゃなかったっけ?
だから光の中から3人、て3のメンバーと仮定して、魔王はゾーマと仮定するべきでは?
Posted by at 2008年09月17日 23:15
キャラバンハートは未プレイなのですが、これは興味深い内容ですなぁ…。

何処かでキーファの生家であるグランエスタードの王族は勇者の血族である、みたいなことを聞いたことがあるので、ロトの血族はキーファの一族に受け継がれているのかも……まぁ7の世界はロトの世界と本来関係が無いので、真相は解りませんが(苦笑)
Posted by じぇふ茶 at 2008年09月18日 00:41
ドラクエ2の部分に関しては吉崎観音氏のドラゴンクエストモンスターズ+のドラクエ2編にインスパイアを受けて作られた、という噂もありますね(真偽は不明)。
まぁ、結構両者の「DQ2関連」の世界は(勇者たちが去った&滅んだ国があるという点で)似てますよ、というお話。

ちなみに、DQモンスターズ+は名作ですので機会があれば一読を。一本の漫画として面白い上に、サラリと「はかぶさの剣」ネタをやるくらいには愛に溢れてます(笑)
Posted by 岡安真砂 at 2008年09月18日 01:15
DQ3はFC、SFC、GBC、全てのバージョンで4人制パーティですよ。

藤原カムイ著「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」では、
キーファがロトの末裔であることが明かされます。
DQ7本編ではこれに関する明確な記述はありませんが、
グランエスタード城に王者の剣が伝わっていることや、
(しかもDQ3のものと攻撃力まで同じ)
それを装備可能な人物が血筋であるキーファとアイラだけであることから、
「キーファ=ロトの子孫」は、それほど突飛な追加アイデアでも無いと思われます。
主人公でさえ王者の剣を装備することができないということが意味深です。

キャラバンハートは藤原氏、吉崎氏、
お二人の漫画とも上手くリンクするように作られているのかもしれませんね。
Posted by at 2008年09月18日 02:35
>ヘーローさん
違いますがいいとこついてますねw
正解した方がいらっしゃいますのでそこでコメントさせていただきます。

>通りすがり8さん
ケロロ軍曹の作者さんは結構リアルに考えたんですのう。それも充分ありえそうでコワイ(笑)。

>銀狼さん
コメントありがとうございます。バカ記事が多いですが、来ていただいた人に、少しでも暇つぶしになればいいなあ〜て思ってやってます。暇な時でもまたのぞいていってくださいませ。

>MELさん
キャラバンハートの戦闘システムは好みが別れるでしょうが、バランスはとれてます。さすが。食糧はうざったいですが、いい緊張感を生んでいるといえるでしょうね。

>Plan 0さん
!!!大正解!!!
モルドリアンを知っている人がいるとは。知らない人のために補足説明させていただきます。モルドリアンはゲームギアで発売されたオリジナルRPG。私がセガハードを唯一所持していたのがゲームギアだったんです。この作品はスクウェアRPGの影響を受けているなあ〜ってのが正直な感想ですが、戦闘システムは面白かった。スピーディで快適だし。なによりBGMがカッチョイイ。ゲームギアRPGといえばラストバイブルや魔導物語などが有名だと思うけど、モルドリアンが1番傑作だと思う。・・・ここまで書いててすいません、ゲームギアのRPG,モルドリアンとエターナルレジェンドしかプレイしたことないんで・・・ちなみにエターナルレジェンドはクソゲーでした(笑)。

>名無しさん
コメントありがとうございます。リアルタイムでFCドラクエ2をプレイしていた方には面白く読めるよう心掛けてみました。このころのRPGは理不尽かつ難易度が高い作品が多く、苦しめられましたのう。それゆえに当時の記憶が消えることなく鮮明に思い出せたりするんですが(笑)

>名無しさん2
ドラクエ3は4人までパーティーを組むことができますね。でも、3人でパーティーを組むこともできますので、その推理も有りではないかと。

>じぇふ茶さん
ドラクエ7は唯一プレイしてないんので詳しく知らないのですが、キーファが勇者の一族だったんですのう。確かに世界は違うと思われますが、因果的なもの感じますのう。情報ありがとうございました。

>岡安真砂さん
的確なコメントありがとうございます。知らないことばかりで勉強になりました(汗)。DQモンスターズ+ですね。今後のネタとして購入してみます。ありがとうございました♪

>名無しさん3
スゲー・・・
まったく知りませんでした・・・王者の剣までDQ7に登場してたんですね。つーか早くDQ7プレイしないといけませんのう。いままでのドラクエ記事でもそうでしたが、やっぱしゲームだけでの情報では限界がありました。詳しく書いていただきありがとうございます!
Posted by ふうのしん at 2008年09月18日 08:26
3と7の王者の剣は別物だと思うんだけど。
3では「けん」、7では「つるぎ」と読むし、
ゲーム上ではキーファは装備できず、逆に主人公が装備できてしまうという…
Posted by K at 2008年09月18日 10:32
3のED見る限り、ロトは「偉大なことを成し遂げた勇気ある者を称える称号」。
元々DQは「勇者(主人公)=あなた」の物語。
「あなた」が世界を救う物語。
「勇者=特殊な血筋や宿命」が定着してしまった現状に「勇気をもって道を切り開いていく事そのものが大事なのだ」という原点にたち返ってほしかったのかも。

しっかしアレフガルドって、考えたらいっつも勇者に救われてばかりの国だな・・・自力で平和を取り戻せないふがいなさで神様に愛想つかされた・・・とかじゃなきゃいいけど。
Posted by at 2008年09月20日 02:04
Kさん
>3と7の王者の剣は別物だと思うんだけど。
3では「けん」、7では「つるぎ」と読むし、
ゲーム上ではキーファは装備できず、逆に主人公が装備できてしまうという…

ゲームの設定上、装備出来る必要が無いのでは?
アイラは装備出来ますし。

しかし、王家の鎧はアイラのみ装備可能ですし、何らかの伏線はあるのでは?とふと.....。
Posted by yappy at 2008年10月13日 19:26
キーファはタイミング的に王者の剣が登場するときにはパーティから抜けていますが、内部データでは装備が可能となっています。
藤原カムイ氏の漫画が公式と言っていいものなのかわかりませんが、キャラバンハートの件も含め、キーファとロトの血が何らかの関係にあることは間違いないでしょう。
ちなみに7の主人公もロトの血を引いている、という説もありますね。ロトの紋章でアルスの一族とアランの一族に分家したからだとか。
Posted by あっつん at 2008年11月15日 15:58
ロトの紋章はそもそも正史というか
オフィシャルで歴史に組み込まれているわけでは
ないですけどね・・・他のドラクエ関係の漫画と
同じ立ち場です
Posted by at 2011年07月30日 10:33
あともうひとつ言うと
王者の剣はまだアリとするにしても
王家の鎧は全く関係ないのでは?

別にシリーズ装備とかじゃないですよ
Posted by at 2011年07月30日 10:35
・・・すごく懐かしいです。興味深い話も色々きけました。しかしコメントするには少し時間がたちすぎています・・・。

DQが「勇者=あなたの話」という箇所に強く共感を覚えますね。推測では勇者はプレイヤーがアレフガルド世界に干渉するためのファミコンというデバイスを使ったアバターですね。竜王は異物を排除する為の防御機構なわけで。モンスターの最初がスライムなのは白血球よろしく抗体の形が定まってないからでしょうね。そこから勇者の強さに対応して無限に変化していく・・・。

同じことはガンパレでもやっていたしエウレカセブンでもやってました。それを20年近く前の電脳情報黎明期にすでに表現していた堀井さん。凄過ぎます・・・。
Posted by JAM at 2012年05月15日 19:38
2のロトの子孫3人が行方不明になったいきさつはモンスターズ+という漫画に描かれています。

なんでも「シドーを倒したということは
シドーよりも強い者が現れたということ・・・」
というのを街人に吹き込んだ者がおり、
後は勝手に人々が想像を膨らませ、
王子達に対する視線が冷たくなっていった・・・

それによりローレシア王子家出、ムーンブルク王女とサマルトリア王子も一緒に失踪します。
Posted by at 2013年02月02日 21:06
エニックス出版のゲームブックでは
サマルトリア王はゲームの時間軸でもロトの血を引いてなかったそうな
(ただし、母親がロトの遠縁だったらしい)
王女も異母兄妹でロトの血は引いてない所からして

ローレシア:王子が出奔して王族不在に
サマルトリア:王子が出奔して妹が継承→血を引いてない
ムーンブルク:王女が嫁いで王族不在に

という流れにきっちり符合しますね
パラレルの黒歴史にされがちなゲームブックが生かされているのは興味深い気がします
Posted by at 2013年12月01日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106648197

この記事へのトラックバック

9/17 ドラクエぶどうかのむかしのはなし/ドラクエ2後の世界/神秘的な地底湖など
Excerpt: じめじめー。 今日のドラクエ ドラクエぶどうかの冒険〜むかしのはなし〜 僧侶さんの昔話。 れとろげーむまにあ: ドラクエ2後の世界を調...
Weblog: ホイミベホイミ
Tracked: 2008-09-17 11:20
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。