にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2008年08月18日

スライムの疑問についての考察

いつものがら突飛なんだけど、スライムというモンスターを振り返ってみた。

私のイメージではスライムというモンスターは、

ザコキャラ

これである。
これは私じゃなくても、道行くゲーマーに「スライムを一言で表すと?」というアンケートをとったらぶっちぎりで1位になるのでは。

ではなぜ、

スライム=ザコ

という認識になってしまったんだろう。
今回の考察対象はこれである。


スライムが最弱の作品

ドルアーガの塔
ハイドライドスペシャル
ドラゴンクエスト

私の場合、このファミコン3作品のイメージが強い。シブイとこではメサイヤのダブルダンジョンなども浮かんだが。以下に理由を書こう。



ドルアーガの塔


スライムは1Fから登場。魔法も使えない。ゲームシステム上、スライムが移動中に攻撃してしまうと即死というなかなか怖い一面もある。しかし最弱モンスターという位置づけは変わらない。


ハイドライドスペシャル


スタート直後から登場する。
序盤のレベル上げに必要なザコキャラ。特殊スキルは無し。


ドラゴンクエスト


ドラクエシリーズで最初に戦うザコキャラとして有名(そういや6では最初に登場しなかった。ぶちスライムは出たけど)。

ここまで書いて思ったが、この3作品に共通していることはRPG、つまり、キャラクターの成長要素があるということ(ドルアーガの塔は微妙だが)。成長させるには経験値を稼がなくてはならない。そこでスタート時、遭遇する最弱キャラとして白刃の矢が立ったのがスライムだったというわけだ。


WIKIで「スライム」で検索してみたら、すごく詳細に説明されているのでとても勉強になった。以下、WIKIより抜粋

「1974年に出版されたテーブルトークRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』において、これまで様々な作品で扱われてきたスライム系モンスターのイメージが整理され、ダンジョン内での危険な存在として定義された。このゲームにおけるスライムは、単細胞ないし群体生物のため殺しにくく、触れるものを同化したり、酸性の体液で武器や防具を腐食させたり、巨大に成長して始末に困るなどの特徴を持つかなりやっかいな生物であった。殴っただけでは打撃を与えられないこともしばしばで、退治するには炎を用いないと難しかった。これらの性質は、それ以降に登場した数多くのテーブルトークRPGのスライムに継承された。

ところが、『ウィザードリィ』(1981年)や『ハイドライド』(1985年)などのコンピュータRPGでは、プレイヤーが比較的ゲームの初期に出遭う非常に弱いモンスターとしてスライムが登場した。殴っただけで退治できるようになった点が大きな変化である。テーブルトークRPGに比べてコンピュータRPGがより一般的になったこともあり、これ以降、「スライム」といえば弱いモンスターの代名詞のように扱われるようになった。

また、ゲームデザイナーの遠藤雅伸は、自他共に「日本版スライムA級戦犯」と称される事がある。これは、彼の手がけた『ドルアーガの塔』(1984年)というゲームで、日本で最初に最弱モンスターとしてスライムを設定し、「スライムは弱い」というイメージを日本に植えつけた一因である事を自認している事に由来する。 しかし、ドルアーガの塔に登場するスライムは「移動中はどんな最強装備でも絶対に倒せない」ということもあり、「スライムこそ最強」ともされている。 その後に発売された「ドラゴンバスター」というゲームでは、剣で切ることもできず、また最強の剣すら破壊するほどに扱われている。」



なるほど。そういやウィザードリィ忘れてた(汗)。
WIKIではウィザードリィがスライムを最弱キャラとして扱った最初のコンピューターゲームと説明されている。日本では遠藤氏のドルアーガの塔がスライム=ザコというイメージを日本人に植えつけた張本人的作品らしい。その後、FC版のハイドライドスペシャル、ドラゴンクエストという流れで私はプレイしていったわけか。


ではなぜスライム系がザコキャラとして扱われているのかを検証。
スライムのデザインを見てみよう。


  

左からドルアーガ、ハイドライド、ドラクエのスライムである。
スライムはキャラデザを見る限り、ブヨブヨしていてとても弱そうだ。
それは守備力が低いということに繋がり、物理的な攻撃力も乏しいということにも直結する。実在する生物では、極めて原始的な生物であるアメーバを連想してしまう。そのイメージから動きもトロそうだ。


・・・うむ、考えただけで弱そうなイメージができあがる。


以上のことからスライムは攻撃力、守備力、素早さ、全てが低いと嫌でも認識してしまう。ステータス異常技や魔法といったスキルも無く(亜種スライム系が有している場合が多い)、最弱キャラにはうってつけだったのだろう。

ちなみにスライム=ザコという認識をくつがえされたのがFF。
FFのスライム系は物理攻撃が効きにくく、非常に厄介な敵キャラとして登場。


そういう意味で、FFのスライムはWIKIに載っていたダンジョンズ&ドラゴンズのスライムのイメージに近いのかもしれない。



あとがき
特に無いんだけど、スライムは見た目で損をしているなあと。
WIKIでは遠藤氏のドルアーガの塔がスライムを最弱キャラと認識させたとあるけど、私はドラクエの方が功績(?)が大きいと思う。国民的ゲーム「ドラクエ」シリーズの販売本数からして、プレイ人口は間違いなくドラクエの方が上だから。推測なんですが、全ての元凶は最初にスライムを最弱キャラに起用したウィザードリィなのかもしれない。ドルアーガにしてもハイドライドにしてもドラクエにしても、ウィザードリィのバブリースライムを手本にしていたとしたら・・・

もともとRPGというジャンルは洋ゲー出身のことから、スライムも海外から輸入されてメジャーになったモンスターといえるのかもしれないですね。

ぜひここらへんでスライムをラスボスに起用していただきたい。
・・・ラスボスは無理ですか。盛り上がりに欠けるし。スライム系のボスってあんまり思い出せないよーな。ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガとグラ3くらいしか出てこないっす(グラ3のはアメーバっぽいが)。そーいやバイオハザード2のラスボス、テツオみたいにアメーバ化してたっけ。この際アメーバでもいいか。適当な意見でスンマセン。

おしまい

posted by ふうのしん at 11:44 | Comment(24) | TrackBack(0) | スライムの疑問についての考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり日本では初期ドラクエの影響が
大きいでしょうね

ドラクエシリーズ内でも
もっと弱いスライムも居るのに
プレイしてるのにも関わらず忘れてました
Posted by MEL at 2008年08月19日 02:47
私もドラクエの影響がとてもあります。
6あたりからスライムのぶちがでてきたりと、スライムが多彩になってきましたね。
Posted by no name at 2008年08月19日 18:46
>MELさん
ドルアーガ&ハイドライドの影響もあると思うんですが、ドラクエはプレイ人口が違いすぎるでしょうからね。激しく同意ですw

>no nameさん
6で思い出しましたが、スライム闘技場にチャンプというボススライムがいましたね。外見はまんまスライムなんですけど強かった。スライム闘技場なのに、スライム以外のモンスターが出てくるのには閉口でしたが。
Posted by ふうのしん at 2008年08月20日 07:37
ウィザードリィでは2階層に出てくる敵なので全然最弱ではないですよ->スライム
Posted by at 2008年08月20日 08:48
「ガリウスの迷宮」の4面ボスはスライムですよ。
ちなみに剣では倒せません。
Posted by ∞ at 2008年08月20日 21:13
「ガリウスの迷宮」の4面ボスはスライムですよ。
ちなみに剣では倒せません。
Posted by 無限 at 2008年08月20日 21:15
D&D(に限らずTRPG)のスライムは本っ当に厄介です
かなり種類が多いのですが、弱点がそれぞれ違ったり(炎だとか雷だとか)、肌に張り付いたら病気を治す呪文で取らないと、くっつかれたものもやがてスライムになっちゃうとか
人間には害は無いけど鉄を腐食させるので武器防具を瞬時に破壊したりとか
そして更に厄介なのが、苦労して倒しても宝物を殆ど持ってない事ですねw溶かしちゃうし
Posted by at 2008年08月21日 02:55
lotro(指輪物語のonlineゲーム)及び原作では
スライムはしっかりと大ボスだったりしてますねぇ
LaMのクラスクエ、思い出すだけで地獄だ・・・。

あと、和製ものファンタジーではグイン・サーガー。
イドというスライムがいますね。
非常に危険な、恐ろしい生き物として描写されています。
Posted by at 2008年08月21日 22:06
こうなるとこっちの疑問も。
最強のスライムがでるゲームはなんだろう?
…ラストハルマゲドンかなぁ。

ドラゴンクエストに大きな影響を与えたゲームに、夢幻の心臓ですが、
このゲームでもスライムは雑魚ではないですが、強敵でもありませんでした。

不定形生物なのに顔があるところは、ドラクエのスライムのご先祖様に当たるんでしょうか。
Posted by at 2008年08月21日 23:22
ロマサガ2にゼラチナスマターってのがいましたよ。
ボスっぽいボスでした、序盤ですけど
Posted by at 2008年08月22日 16:12
自分的にもやはりドラクエの影響は大きいと思います。

エストポリス伝記2(SFC)ではスライムという名称ではないですが、ジェリーというスライムっぽい形の最弱モンスターがいますが、これをそのまま巨大化したやつが古の洞窟というおまけダンジョンのボスキャラでしたねぇ。
Posted by ハヴィ at 2008年08月22日 20:42
メガテンシリーズじゃ悪魔の形を保つために必要なマグネタイトが足りない悪魔がスライムになるんだったなぁ。
Posted by at 2008年08月23日 00:38
やはり、ドラクエの影響が異常に大きいんだと思います。

WizやむこうのTRPGでは基本「通常攻撃の通らない(通りづらい)、序盤から中盤の難敵」扱いでしたし。
実際、無類のTRPGファンの河津氏が作ってるサガシリーズ(GBシリーズは別ですが)なんかは、この伝統を受け継いでるわけで。

ちなみに、ドラクエのスライムはモンスター物語を読む限りでは「スライムという名前の別種類の生物(設定上は単細胞生物)」らしいですよ?(笑
Posted by 岡安真砂 at 2008年08月23日 03:13
既にでてますけども、
ラストハルマゲドンのスライムは設定的にもうまくいってる方な感じがするなぁ。

ラストハルマゲドンは他のキャラもそうだったけど、他のモンスターとの融合っていう設定があったおかげで、固定形になれるし。

スライムっていうモンスターのイメージに、他を取り込んで吸収しそうなイメージ付いたかな。

Posted by ギスケ at 2008年08月23日 23:09
お初です
聖剣伝説2ではスライムのボスが2種類登場してました。まぁ強さは微妙でしたけど(笑
聖剣伝説のスライムはザコで登場する方のが厄介だった記憶がありますね・・・
妙に回避力が高くて毒持ちだったり攻撃力も割りとあり、なおかつ分裂能力持ちで・・・
Posted by しゅん at 2008年08月24日 09:29
DQ6のみスライムが最弱でなくぶちスライムが最初に出てくる件ですが、
「ぶちスライムは上の大陸(夢の世界)限定」「スライムは下の大陸(現実)」という事実から、

「スライムが『自分よりも弱い奴』の存在を夢見た結果が夢の世界に反映されて、ぶちスライムが生まれた」

という仮説が有力なようです。否定説も結構あった気がしますが、一番すんなり受け入れやすい説明ですね。
Posted by at 2008年08月24日 13:45
TRPGやレゲーは想像力が肝ですから、雑魚的な扱いよりも、鳥山絵で「可愛い」印象を与えた方がデカい様な気がします。

Posted by at 2008年08月24日 22:35
>名無しさん
そうでしたっけ?
ウィズはもう記憶が曖昧になってたのですいません。2階層だったか。

>無限さん
ガリウス懐かしい〜!
スライム出てたんすね。もう記憶ないっす(笑)。情報ありがとです!

>名無しさん2
TRRGは小さい頃兄貴連中がやってたのを見てたんですが、それほどスライムは厄介な敵だったのですね。苦労して倒してもそれほど得がないってのにも哀愁を感じます・・・勉強になりました。ありがとうございます。

>名無しさん3
ロマサガ2はクリアしたんですが、まったく記憶無いんすよね・・ゼラチナスマターっすか。情報ありがとうございます!

>ハヴィさん
エストポリス伝記っすか。私はGB版のやつをプレイしたなあ・・・SFC版のはスルーしてしまったので、内容は分からないんすけど、結構いろいろスライムっぽいキャラでてるんすね。これまた情報ありがとです♪

>名無しさん4
女神転生も出ましたねえ。
私はゲームギアの女神転生外伝の方が印象に
残ってたなあ。最初にスライム出てくるんですが、妙にグロくて。

>岡安真砂さん
貴重な情報ありがとうございます!
まったく知りませんでした。スライムって単細胞生物なのか、多細胞生物なのかって疑問も解消しましたです。ありがとうございました!

>ギスケさん
ラストハルマゲドン・・・すいません未プレイです。知識が浅くて申し訳ないです。お話を聞く限り、スライムのイメージが変わってきました。

>しゅんさん
聖剣伝説2もクリアしたんですけどまったく記憶なし・・・年かのう・・・聖剣はGB版が最高にハマったんだけどなあ・・・毒や盲目がムカついてた記憶がある程度っす。

>名無しさん5
なるほど。そういや最初は夢の世界ですもんね。納得できる説だと思います。謎が解けたっす。ありがとです!

>名無しさん6
確かにそれまでのスライムのイメージが変わりましたね。ドラクエのスライムは目も口もついてるし。スライムにキャラクター性を持たせた鳥山氏の功績は大きいのでしょうね。
Posted by ふうのしん at 2008年08月25日 21:58
TRPGで、薄暗い通路に宝石やらが浮いてるなら近づかないほうがいい。
通路いっぱいにスライムが詰まってて、酸で溶けない宝石だけがぷかぷか浮いている可能性もあるから…という話がありましたね。
トラップとしてスライムを使うと立派な即死トラップになります。
すごく怖いです、スライム。
Posted by at 2008年08月26日 18:51
一般人であれば、ドラクエだろうが。

クリエイタに対しての影響度は、ドルアーガ、ハイドライドのほうが高いと思うな。

特に昔はアーケードゲーム>PC>コンシューマの高度な処理に対しての図式があって、アーケードのゲームが家庭用のゲームのお手本だった時期があるわけだ。

当時のゲーマやクリエイタからしてみれば、ドルアーガによって、ゲームのスライム=弱いが既に常識にまで刷り込まれたのは間違いないと思う。(当然後発のドラクエでゲーマ以外の人の常識になったと思うが)

ただ、日本ではその前に「スライム」というベトベトした玩具があったことも影響があると思う(今も売ってるの?)。「スライム」=「無抵抗、自由に触れる、ただキモチワルイ、ぼんやり光る、弱そう」というのは当時の子供にイメージは既に植えつけられていたと思う。

あれがTRPGのように触ったら溶けるとかそういう謳い文句のホラー商品だったらドルアーガのほうがうけれいなれなかったかも知れない。

Posted by at 2008年08月27日 18:49
ドラクエのスライムには「“個”としては最弱だか“種”としては最強」だと思っています。
理由は1:どんなところ(どのタイトル)にも棲むことが出来る適応力
2:次々と新しい種類を生み出す(新作が出るたびに新しい形のスライムが現れる)その進化速度
3:弱い弱いと言われながらも絶対に絶滅しない繁殖力や生存能力
と言ったところですね。

そんなスライム達のことですからきっとこの先もドラクエシリーズの顔として笑い続けてくれるでしょう。
Posted by グリムロッド at 2008年09月12日 02:34
sagaのスーパースライムは最強説があるな 
Posted by at 2008年09月26日 23:13
 爺なので、スライムと聞くと(元)ツクダオリジナルの緑のゲル状の奴を真っ先に連想します、やはり緑色のゴミ箱の形のケース入りで。
平成に入っても玩具屋ではひっそり置かれていたけど、今は玩具屋自体が珍しくなりましたね…。
Posted by at 2008年10月08日 11:01
ドット絵の都合も大きかったのでは?
スライムの形が単純なので、小さく弱そうに書きやすかった。
結果、初期の小さなドット絵しか利用できなかったゲームで弱いキャラとして採用されがちだったのかと。
昆虫系なんかだと、実物大にすると形が複雑で小さくかけないため、大○○とかいうでかくて強いやつにせざるをえませんから。
Posted by barista at 2009年02月18日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104932437

この記事へのトラックバック
→自作サウンドノベル『ゴーストソング』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。